過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

危険物取扱者試験 乙4の過去問/予想問題「第41667問」を出題

問題

[ 設定等 ]
酸素について、正しい説明文は次のうちどれか。
   1 .
酸素の同素体としてオゾンがあり、両者の性状はほぼ同じである。
   2 .
低温状態では、一部の貴金属や希ガス元素を除き、ほとんどすべての元素と反応する。
   3 .
実験室では触媒を利用し、水素を分解して作られる。
   4 .
液体酸素は赤褐色である。
   5 .
無色無臭で、空気より重い気体である。
( 危険物 乙4の過去問/予想問題 問269 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
37
評価しない
酸素の性状について正しいのは
5 . 無色無臭で、空気より重い気体である。
です。
他の選択肢は次の点に誤りがあります。
1 . 酸素とオゾンは同素体ですが、両者の性状には違いがあります。一例として酸素は無色無臭ですが、オゾンは薄青色で刺激臭とともに毒性があります。
2 . 他の元素と反応するのは「高温状態」です。発熱反応も起こします。
3 . 実験室での製造は「過酸化水素」を触媒で分解します。
4 . 液体酸素の色は「薄青色」です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
21
評価しない
正解は5です。

酸素の主な性質をまとめておきます。
・無味無臭です。
・酸素自体は燃えません。物質の燃焼を助ける「支燃物」です。
・気体は無色ですが、液体は淡い青色を呈します。

各選択肢について補足事項とともに説明します。

1. × 誤った内容です。
   酸素分子は酸素原子(O)が2つある(O2)のに対し、
   オゾンは酸素原子が3つある(O3)のが特徴です。
   他にも、気体が淡青色、特異臭を持つという違いがあります。

2. × 誤りです。
   高温状態でほとんど全ての元素と反応します。

3. × 誤りです。
   実験室では過酸化水素(H2O2)を触媒(二酸化マンガンなど)で
   分解して作ります。

4. × 誤りです。
   液体は淡青色です。

5. 〇 正解です。
   空気は主に酸素と窒素からなる混合物で、無色無臭です。
   酸素は窒素より重いため、同じ体積で比べると
   酸素は空気より重くなります。
評価後のアイコン
評価する
9
評価しない
正解は5です。

1 . 誤りです。
酸素とオゾンの主な違いは次の通りです。
化学式 酸素 O2  オゾン O3

気体の色 酸素 無色 オゾン淡青色

におい 酸素 無臭 オゾン特異臭

2 . 誤りです。
高温状態では、一部の貴金属や希ガス元素を除き、
ほとんどすべての元素と反応します。

3 . 誤りです。
過酸化水素を分解して作られます。

4 . 誤りです。
液体酸素は淡青色です。

5 . 正解です。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
この危険物取扱者試験 乙4 過去問 | 予想問題のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。