過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

危険物取扱者試験 乙4の過去問/予想問題「第41678問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の内、電気火災において用いることができる消火剤として、正しいものはどれか。
   1 .
泡を放射する消火器。
   2 .
機械泡で放射する消火器。
   3 .
棒状の水を放射する消火器。
   4 .
強化液を棒状に放射する消火器。
   5 .
二酸化炭素を放射する消火器。
( 危険物 乙4の過去問/予想問題 問280 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
22
評価しない
正解は5です。

1 . 誤りです。
泡消火器は、水系消火器で、感電するおそれがある
ので、使用しません。

2 . 誤りです。
機械泡消火器は、水系消火器で、感電するおそれが
あるので、使用しません。

3 . 誤りです。
棒状の水を放射する消火器は、感電するおそれがあ
るので、使用しません。

4 . 誤りです。
強化液を棒状に放射する消火器は、感電するおそれ
があるので、使用しません。

5 . 正解です。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
正解は5です。

電気火災では、水系の消火器を使用した場合に感電してしまう
危険性があります。そこで、以下の消火剤を使用します。
・霧状の強化液消火剤
・ハロゲン化物消火剤
・二酸化炭素消火剤
・粉末消火剤

次に、各選択肢について補足事項とともに説明します。
1. × 泡消火剤は水系の消火器になりますので、感電の危険性が生じます。

2. × 機械泡消火剤も水系の消火器になりますので、感電の危険性が生じます。

3. × 棒状の水、とはホースで水をかけることを意味します。
   水を使っていますから、これも感電の危険性が生じます。

4. × 棒状だと感電する可能性があります。

5. 〇 二酸化炭素消火剤なら、感電の危険性はありません。
評価後のアイコン
評価する
7
評価しない
電気火災で適切な消火剤は
5 . 二酸化炭素を放射する消火
です。

泡消火剤、棒状放射の水、棒状放射の消火剤はいずれも感電の恐れがあるので電気火災には不適切です。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
1.誤りです。
電気火災において、泡を放射することは感電の恐れがあります。

2.誤りです。
電気火災において、泡を放射することは感電の恐れがあります。

3.誤りです。
棒状の水を放射することは感電の恐れがあります。
霧状で放射する場合には、電気火災にも適応します。

4.誤りです。
棒状の強化液を放射することは感電の恐れがあります。
霧状で放射する場合には、電気火災にも適応します。

5.正解です。
二酸化炭素は電気の不良導体なので、電気火災に適応します。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
この危険物取扱者試験 乙4 過去問 | 予想問題のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。