過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

危険物取扱者試験 乙4の過去問 | 予想問題 乙4 問163

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
ピリジンについて、誤っているものはどれか。
   1 .
火源があれば室温で引火する。
   2 .
水に溶ける。
   3 .
蒸気吸入により、せき、頭痛、吐気などを起こし、皮膚に付着すると炎症を起こす。
   4 .
アルカリ性である。
   5 .
無味無臭である。
( 危険物 乙4の過去問/予想問題 問163 )

この過去問の解説 (4件)

評価する
42
評価しない
ピリジンは無色ですが特異な悪臭があります。

第一石油類の多くには臭気があります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
25
評価しない
正解は5番です。

1番:正しい
ピリジンは引火点が21℃未満の第一石油類に分類され、引火点は20℃なので、室温で火源があれば引火します。

2番:正しい
ピリジンは水溶性液体に分類されており、水に溶けます。また、アルコール、ジエチルエーテル、アセトンなどの有機溶剤とよく混ざります。

3番:正しい
ピリジンは蒸気を吸入することで、せき、頭痛、吐き気などを起こし、皮膚に付着すると炎症を起こします。そのため、貯蔵や取り扱いの際は、通風や換気をよくする必要があります。

4番:正しい
ピリジンの化学式はC5H5Nであり、化学構造はベンゼンの炭素(C)を一つ窒素(N)に変えた形になっています。この窒素部分が、アンモニア(NH3)やアミン類と同様に、水(H2O)から水素イオン(H+)を引き抜き、水酸化物(OH-)を発生させるため、弱いアルカリ性を示します。

5番:誤り
ピリジンは無色で悪臭のある液体なので、誤った記述となります。
評価後のアイコン
評価する
17
評価しない
ピリジン  ・・・ 第一石油類

・水、アルコール、ジエチルエーテルに溶ける。
・溶解能力が大きく、多くの有機物を溶解させる。
・火源があれば、室温で引火する。
・酸化剤との混合は、加熱、衝撃、摩擦によって発熱発火する。
・蒸気吸収により、せき、頭痛、吐気などを起こし、皮膚に付着すると炎症を起こす。

(火災予防・貯蔵取扱いの注意)
・火気は近づけない。
・容器は密栓する。
・貯蔵・取扱い場所の通風・換気をよくする。
・直射日光を避けて、冷暗所に貯蔵する。
・貯蔵庫の温度を上げない措置を行う。

(消火の方法)
・消火剤:耐アルコール泡、二酸化炭素、ハロゲン化物
・消火効果:窒息消火
評価後のアイコン
評価する
15
評価しない
正解は 5 です。

ピリジンは特異な悪臭のある無色の液体です。

1:正しい
ピリジンの引火点は20℃です。火源があれば室温で引火します。

2:正しい
ピリジンは水に溶けます。ピリジンは水溶性液体に分類されています。

3:正しい
ピリジンは蒸気吸入により、せき、頭痛、吐気などを起こします。皮膚に付着すると炎症を起こします。

4:正しい
ピリジンはアルカリ性です。ピリジンは窒素(N)を含む環状の構造をしています。この窒素部分が、アミン類と同様に弱アルカリ性を示します。

5:誤り
ピリジンは特異な悪臭のある無色の液体です。取り扱いの際は換気を良くする必要があります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この危険物取扱者試験 乙4 過去問 | 予想問題のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。