過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

危険物取扱者試験 乙4の過去問 | 予想問題 乙4 問175

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
アニリンの性状として、誤っているものはどれか。
   1 .
無色または淡黄色の液体である。
   2 .
無臭である。
   3 .
光または空気中で酸化されて褐色になる。
   4 .
エタノール、ジエチルエーテル、ベンゼンなどによく溶ける。
   5 .
水に溶けにくい。
( 危険物 乙4の過去問/予想問題 問175 )

この過去問の解説 (4件)

評価する
45
評価しない
アニリンには、特異的な臭いがあります。

アニリン ・・・第三石油類
・空気中で酸化されて褐色(赤色)になる。
・水に溶けにくいが、エタノール、ジエチルエーテル、ベンゼンなどによく溶ける。
・加熱しなければ引火の危険は少ないが、霧状のものは引火点以下でも危険である。
・蒸気は、空気と混合し引火爆発の危険性がある。また、有毒である。
・発煙硝酸・濃硝酸と接触すると、激しく反応し発火の危険性がある。
・酸化剤との混触は、加熱、衝撃、摩擦により発熱発火する。
・酸と塩を作り、アルカリ金属、アルカリ土類金属と反応して可燃性の水素ガスを発生する。

(火災予防・貯蔵取扱いの注意)
・火気を近づけない。
・冷暗所に貯蔵する。
・貯蔵タンクは、静電気の蓄積を防ぐためアースしておく。
・硝酸、過酸化水素と一緒に置かない。

(消火の方法)
・消火剤:泡、二酸化炭素、粉末
・消火効果:窒息消火
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
33
評価しない
正解は2番です。

1番:正しい
アニリンは無色または淡黄色の液体なので、正しい記述となります。

2番:誤り
アニリンは特異臭をもっているため、記述は誤りとなります。

3番:正しい
アニリンは光や空気中で酸化されて重合し、褐色を示すため、正しい記述となります。

4番:正しい
アニリンは、エタノール、ジエチルエーテル、ベンゼンなどにはよく溶けるため、正しい記述となります。

5番:正しい
アニリンは非水溶性液体に分類され、水には溶けにくいので、正しい記述となります。

また、アニリンの比重は1.01であり、水よりも重いという第四類の中では数少ない特性があります。
評価後のアイコン
評価する
17
評価しない
アニリンには特異臭があります。
評価後のアイコン
評価する
15
評価しない
正解は 2 です。

アニリンは特異臭があります。アニリンは「無臭」ではありません。

1:正しい
アニリンは無色または淡黄色の液体です。

2:誤り
アニリンは特異臭があります。

3:正しい
アニリンは、光または空気中で酸化されて褐色になります。

4:正しい
アニリンはエタノール、ジエチルエーテル、ベンゼンなどによく溶けます。

5:正しい
アニリンは水に溶けにくいです。アニリンは非水溶性液体に分類されます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この危険物取扱者試験 乙4 過去問 | 予想問題のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。