過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

危険物取扱者試験 乙4の過去問 | 予想問題 乙4 問183

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
自動車用ガソリンの性状で誤っているものはどれか。
   1 .
発火点は約220℃である。
   2 .
蒸気比重は約3~4である。
   3 .
オレンジ色に着色されている。
   4 .
燃焼範囲は1.4~7.6vol%である。
   5 .
引火点は-40℃以下である。
( 危険物 乙4の過去問/予想問題 問183 )

この過去問の解説 (4件)

評価する
41
評価しない
ガソリンの発火点は約300℃です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
15
評価しない
正解は1番です。

1番:誤り
自動車ガソリンの発火点は約300℃であり、記述は誤りとなります。

2番:正しい
自動車用ガソリンの蒸気比重は約3~4のため、正しい記述となります。

3番:正しい
自動車用ガソリンは、灯油や軽油と見分けられるよう、オレンジ色に着色するように法律で定められています。

4番:正しい
自動車用ガソリンの燃焼範囲は1.4~7.6vol%であるため、正しい記述となります。vol%は、体積の%割合ということを明示して表す単位です。

5番:正しい
自動車用ガソリンの引火点は-40℃以下であり、正しい記述となります。
評価後のアイコン
評価する
10
評価しない
「約220℃」が誤り、正しくは「約300℃」です。
評価後のアイコン
評価する
8
評価しない
正解は 1 です。

ガソリンの発火点は約300℃です。ガソリンの発火点は「約220℃」ではありません。

1:誤り
ガソリンの発火点は約300℃です。

2:正しい
ガソリンの蒸気比重(気体の体積当たりの重さ)は約3~4です。

3:正しい
ガソリンはオレンジ色に着色されています。ガソリンは灯油や軽油と見分けられるように、オレンジ色に着色されています。

4:正しい
ガソリンの燃焼範囲は1.4~7.6vol%です。vol%は体積の%割合を表す単位です。

5:正しい
ガソリンの引火点は-40℃以下です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この危険物取扱者試験 乙4 過去問 | 予想問題のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。