過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

危険物取扱者試験 乙4の過去問 | 予想問題 乙4 問234

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
運搬について誤っているものを選べ。
   1 .
運搬容器または構造および最大容量は、収納する危険物を固体と液体に区分し、危険物の類別に応じて規定される。
   2 .
運搬容器の材質は、鋼板、アルミニウム板、ブリキ板、ガラス、金属板、紙、プラスチック、ファイバー板、ゴム類、合成繊維、麻、木または陶磁器とする。
   3 .
運搬容器の構造は、堅固で容易に破損するおそれがなく、かつ、その口から収納された危険物が漏れるおそれがないものでなければならない。
   4 .
積み重ねる場合は、3メートル以下とすること。
   5 .
危険物は、温度変化等により危険物が漏れないように運搬容器を密封して収納すること。ただし、温度変化等により危険物からのガスの発生によって運搬容器内の圧力が上昇するおそれがある場合は、発生するガスが毒性または引火性を有する等の危険性があるときを除き、ガス抜き口を設けた運搬容器に収納することができる。
( 危険物 乙4の過去問/予想問題 問234 )

この過去問の解説 (4件)

評価する
71
評価しない
1は運搬容器または構造および最大容量は、収納する危険物を固体と液体に区分し、危険物の類別および危険等級に応じて規定されます。「危険等級」が抜けています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
30
評価しない
正解は 1 です。

1:誤り
運搬容器または構造および最大容量については、収納する危険物を固体と液体に区分して、危険物の類別および危険等級に応じて規定されます。
「危険等級」の記載が無いことが誤りです。

2:正しい
運搬容器の材質は、鋼板、アルミニウム板、ブリキ板、ガラス、金属板、紙、プラスチック、ファイバー板、ゴム類、合成繊維、麻、木または陶磁器です。

3:正しい
運搬容器の構造は、堅固で容易に破損するおそれがなく、かつ、その口から収納された危険物が漏れるおそれがないものでなければならないです。

4:正しい
積み重ねる場合は、3メートル以下としなければなりません。

5:正しい
危険物は、温度変化等により危険物が漏れないように運搬容器を密封して収納しなければなりません。ただし、温度変化等により危険物からのガスの発生によって運搬容器内の圧力が上昇するおそれがある場合は、発生するガスが毒性または引火性を有する等の危険性があるときを除き、ガス抜き口を設けた運搬容器に収納することができます。
評価後のアイコン
評価する
13
評価しない
1が誤りです。
危険物を運搬する際に重要な危険等級の記載に関して記述がありません。運搬容器にも危険等級、品名、化学名、数量の記載は必須となっています。
評価後のアイコン
評価する
13
評価しない
運搬容器または構造および最大容量は危険物の個体・液体の別、危険物の類別、危険等級に応じて決められています。したがって、1番には危険等級の記載が無いため誤りで、1番が正解となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この危険物取扱者試験 乙4 過去問 | 予想問題のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。