過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師の過去問「第18503問」を出題

問題

[ 設定等 ]
対流に関する次の文章の(   )内に入る語句の組合せのうち、正しいものはどれか。

「暖房器は部屋の( A )部に設置すると、暖かい空気は( B )方へ移動し、冷房器は部屋の( C )部に設置すると、冷えた空気は( D )方に移動するので部屋全体に冷暖房効果が及ぶ。」
   1 .
( A )上 ── ( B )下 ── ( C )上 ── ( D )下
   2 .
( A )上 ── ( B )下 ── ( C )下 ── ( D )上
   3 .
( A )下 ── ( B )上 ── ( C )下 ── ( D )上
   4 .
( A )下 ── ( B )上 ── ( C )上 ── ( D )下
( 第27回 理容師国家試験 理容の物理・化学 )

この過去問の解説 (5件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
3
評価しない
正解 4
暖かい空気は上へ、冷たい空気は下へ移動する性質があります。
この性質を利用し冷暖房器具の設置を工夫することで冷暖房効果が高くなります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は 4 です。


 「暖房器は部屋の( 下 )部に設置すると、暖かい空気は( 上 )方へ移動し、冷房器は部屋の( 上 )部に設置すると、冷えた空気は( 下 )方に移動するので部屋全体に冷暖房効果が及ぶ。」
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
正解は、4です。

暖房器は部屋の下部に設置すると、暖かい空気は上方へ移動し、冷房器は部屋の上部に設置すると、冷えた空気は下方に移動するので部屋全体に冷暖房効果が及びます。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
正解は4です


暖房器は部屋の( 下 )部に設置すると、暖かい空気は( 上 )方へ移動し、冷房器は部屋の( 上 )部に設置すると、冷えた空気は( 下 )方に移動するので部屋全体に冷暖房効果が及ぶ。

となります
評価後のアイコン
評価する
-2
評価しない
正解は2です

1:紫外線の波長は、UVA、UVB、UVCの順で短くなります

3:カルシウム及びリンの代謝促進や皮膚でビタミンDを生成する作用があるのは、赤外線ではなく紫外線です

4:熱作用や皮膚への浸透作用を利用し、血液循環促進の目的でエステティック技術などにも用いられるのは紫外線ではなく、赤外線です
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。