過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師の過去問 第27回 皮膚科学 問30

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
接触皮膚炎(カブレ)に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a.酸化染毛剤に用いられる酸化染料の中では、パラフェニレンジアミンが最もカブレを起こしやすい。
b.過去に何回使用してもかぶれなかった染毛剤は、将来的にかぶれることはない。
c.カブレの症状は、皮膚病変の境界がはっきりしないことが最も特徴的である。
d.パッチテストは、カブレの原因を見い出す最も確かな方法である。
   1 .
aとb
   2 .
bとc
   3 .
cとd
   4 .
aとd
( 第27回 理容師国家試験 皮膚科学 問30 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (4件)

3
正解は、4です。

a 酸化染毛剤に用いられる酸化染料の中では、パラフェニレンジアミンが最もカブレを起こしやすいです。

b 過去に何回使用してもかぶれなかった染毛剤でも、将来かぶれる可能性があります。

c カブレの症状は、皮膚病変の境界がある程度できます。

d パッチテストは、カブレの原因を見い出す最も確かな方法です。
付箋メモを残すことが出来ます。
3
正解は4です

b.過去に何回使用してもかぶれなかった染毛剤であっても、将来的にかぶれることがあります

c.カブレの症状は、皮膚で防ぐことのできなかった刺激が原因で起こります。
1
正解 4

接触性皮膚炎とは外部の化学物質などが皮膚に接触して起こる皮膚の炎症で、一般にカブレともいいます。
一次性刺激物質によるものと、アレルギー性のものに大別されます。
b何回か使用してかぶれなかった場合でも、将来的にかぶれる可能性があります。
cカブレの症状は皮膚病変の境界がある程度あらわれます。
1
正解は 4 です。

a.酸化染毛剤に用いられる酸化染料の中では、パラフェニレンジアミンが最もカブレを起こしやすい。 ○正しい

b.過去に何回使用してもかぶれなかった染毛剤は、将来的にかぶれることはない。 ×誤り
(解説:かぶれることもある。)

c.カブレの症状は、皮膚病変の境界がはっきりしないことが最も特徴的である。 ×誤り
(解説:皮膚で防ぎきれなかった刺激がカブレの症状となる。)

d.パッチテストは、カブレの原因を見い出す最も確かな方法である。 ○正しい
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この理容師 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。