過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師の過去問「第18577問」を出題

問題

[ 設定等 ]
理容所の立入検査に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a.立入検査を正当な理由なく拒んだり、妨げたり、忌避したときは、その理容所の閉鎖を命じられることがある。
b.環境衛生監視員は、必要があれば、開設者の住居にも立入検査をすることができる。
c.環境衛生監視員は、立入検査を行う場合、その身分を示す証明書を携帯しなければならない。
d.立入検査を正当な理由なく拒んだり、妨げたり、忌避した者は、理容所の開設者だけでなく、従業員、家族等の区別なく処罰の対象とされる。
   1 .
aとb
   2 .
bとc
   3 .
cとd
   4 .
aとd
( 第29回 理容師国家試験 関係法規・制度 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
3
評価しない
正解は3です。

a 立入検査を正当な理由なく拒んだり、妨げたり、忌避しても、その理容所の閉鎖を命じられることはない。

b 環境衛生監視員は、開設者の住居には立入検査をすることができない。

c 環境衛生監視員は、立入検査を行う場合、その身分を示す証明書を携帯しなければならない。

d 立入検査を正当な理由なく拒んだり、妨げたり、忌避した者は、理容所の開設者だけでなく、従業員、家族等の区別なく処罰の対象とされる。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解:3
a bは誤りになります。
a→立ち入り検査を拒んだ場合は理容所の閉鎖ではなく30万円以下の罰金処分になります。
b→環境衛生監視員は住居には立ち入ることはできず理容所のみに立ち入ることができます。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
正解は❝3❞で、aとbが間違った文章です。


解説

a.立入検査を正当な理由なく拒んだり、妨げたり、忌避した場合でも、理容所の閉鎖は命じられません。しかし、立入検査を正当な理由なく拒んだり、妨げたり、忌避した者に対して30万円以下の罰金が処されます。

b.環境衛生監視員は、開設者の住居に立入検査をすることができません。あくまでも対象となるのは理容所のみです。

c.文章のとおりで、環境衛生監視員は、立入検査を行う場合、その身分を示す証明書を携帯しなければなりません。

d.文章のとおりで、立入検査を正当な理由なく拒んだり、妨げたり、忌避した者は、理容所の開設者だけでなく、従業員、家族等の区別なく処罰の対象とされます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。