過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師の過去問「第18699問」を出題

問題

[ 設定等 ]
皮膚及び皮膚付属器官に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
   1 .
毛母は、毛球の毛乳頭に接している部分をいう。
   2 .
爪は、真皮の角質層の変形したもので、その成分はコラーゲンである。
   3 .
脂腺は、短い排出管をもって毛包に開口している。
   4 .
エクリン腺は、手掌や足底に最も多く分布している。
( 第31回 理容師国家試験 皮膚科学 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
4
評価しない
正解は、2です。

1 毛母は、毛球の毛乳頭に接している部分を言います。

2 爪は、真皮の角質層の変形したもので、その成分はケラチンです。

3 脂腺は、短い排出管をもって毛包に開口しています。

4 エクリン腺は、手掌や足底に最も多く分布しています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解:2 

爪は、真皮の角質層が変形したもので、その成分はケラチンです。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない

答えは2です。

【毛】とは、
表皮の角質層が変形して出来たものです。
主成分はケラチンタンパク質です。
毛球の毛乳頭に接しているところを毛母と言います。

【爪】とは、
表皮の角質層が変形して出来たものです。
主成分はケラチンタンパク質です。

【皮脂腺】とは、
毛包に開口している分泌腺(毛穴)から出てきます。
毛の生えてない手のひらと足の裏には、皮脂腺はありません。

【汗腺】とは、
エクリン腺(小汗腺)、アポクリン腺(大汗腺)があります。
エクリン腺は、独立していて、直接表皮に開口しています。
特に、手のひらと足の裏に多くあります。
アポクリン腺は、毛包に開口しています。
アポクリン腺は、外耳道、わきの下、乳輪、へそ、会陰部にあります。


1、
毛母は、毛球の毛乳頭に接しているところです。
よって、正しいです。

2、
爪は、表皮の角質層のケラチンタンパク質が変形して出来たものになります。
よって、(真皮の角質層の変形したもので、その成分はコラーゲンである)→(表皮の角質層の変形したもので、その成分はケラチンタンパクである)の間違いです。

3、
脂腺とは皮脂腺のことで、毛包に開口しています。
よって、正しいです。

4、
エクリン腺は汗腺の一つで独立して全身にあります。
特に多いのが、手のひらと足の裏です。
よって、正しいです。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。