過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師の過去問「第18701問」を出題

問題

[ 設定等 ]
皮膚及び皮膚付属器官の保健に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
   1 .
皮膚の健康に必要な栄養は、常に体内から血液などによって供給される。
   2 .
サンスクリーン剤は、紫外線を吸収する成分あるいは反射・散乱させる成分を含んでいる。
   3 .
糖尿病では、細菌や真菌による皮膚疾患にかかりやすい。
   4 .
油性のフケ症の人は、皮膚を刺激しないために、シャンプーによる洗髪の回数をなるべく少なくする。
( 第31回 理容師国家試験 皮膚科学 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
3
評価しない
正解は、4です。

1 皮膚の健康に必要な栄養は、常に体内から血液などによって供給されます。

2 サンスクリーン剤は、紫外線を吸収する成分あるいは反射・散乱させる成分を含んでいます。

3 糖尿病では、細菌や真菌による皮膚疾患にかかりやすくなります。

4 油性のフケ症の人は、シャンプーによりしっかり洗うことが大切です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解:4 誤っているものを選ぶので他は正解です。

油性のフケ症の人はよくシャンプーして汚れをしっかり落とすことが大切です。特に頭皮をしっかり洗います。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない

答えは4です。

1、
皮膚は体内の毛細血管から栄養を供給されています。
よって、正しいです。

2、
日焼けするのは、太陽光線の紫外線の影響です。
その為、日焼け止め剤(サンスクリーン剤)には、紫外線を吸収する成分や紫外線を反射散乱させる成分が入っています。
よって、正しいです。

3、
糖尿病になると、細菌や真菌による皮膚疾患にかかりやすくなります。
その原因は、糖尿病だと皮膚が乾燥し痒くなります。
乾燥によるバリア機能が落ちるのと、痒いことで皮膚をかき、傷が出来ます。
他に、免疫能力が落ちるので、皮膚の感染症にかかりやすくなります。
よって、正しいです。

4、
あぶら性の人は、皮脂の分泌が多いです。
その為、あぶら性によるフケ症になりやすいです。
あぶら性のフケ症は、よくシャンプーをする必要があります。
よって、(少なくする)→(多くする)の間違いです。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。