過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師の過去問「第18719問」を出題

問題

[ 設定等 ]
染毛剤に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
   1 .
酸性ヘアカラーやヘアマニキュアは、メラニン色素を脱色する力がないため、毛髪の損傷が少ないという長所がある。
   2 .
アルカリ性酸化染毛剤は、色の種類も多く、現在最も多く使用されている。
   3 .
酸性酸化染毛剤は、酸化染料がキューティクルの浅い内部に染まりつき、主に白髪染めに使われる。
   4 .
ヘアブリーチ剤は、1剤としてアルカリ剤、2剤として過酸化水素水を主成分とするものが多い。
( 第31回 理容師国家試験 理容理論 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
6
評価しない
正解は、3です。

1酸性ヘアカラーやヘアマニキュアは、メラニン色素を脱色する力がないため、毛髪の損傷が少ないという長所があります。

2アルカリ性酸化染毛剤は、色の種類も多く、現在最も多く使用されています。

3酸性酸化染毛剤は、アルカリを含まないため発色は少ないので白髪染めには適しません。

4ヘアブリーチ剤は、1剤としてアルカリ剤、2剤として過酸化水素水を主成分とするものが多いです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は、3 です。

1 酸性ヘアカラーやヘアマニキュアは、メラニン色素を脱色する力がないため、毛髪の損傷が少ないという長所があります。アレルギーの心配がないのも特徴です。質問は、誤っている記述を聞いているので、不正解です。

2 アルカリ性酸化染毛剤は、色の種類も多く、現在最も多く使用されています。質問は、誤っている記述を聞いているので、不正解です。

3 酸性酸化染毛剤は、アルカリを含まないため発色は少ないので白髪染めには適しません。質問は、誤っている記述を聞いているので、 3 が正解です。

4 ヘアブリーチ剤は、1剤としてアルカリ剤、2剤として過酸化水素水を主成分とするものが多いです。毛髪のメラニン色素を分解して脱色するのがヘアブリーチです。質問は、誤っている記述を聞いているので、不正解です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。