過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師の過去問「第24893問」を出題

問題

[ 設定等 ]
理容師免許に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
   1 .
理容師試験に合格していれば、理容師免許がなくても、保健所に合格証書を届け出て理容の業を行うことができる。
   2 .
理容師試験に合格していれば、理容師免許がなくても、管理理容師の指導のもとに理容の業を行うことができる。
   3 .
理容師免許の申請にあたっては、添付書類として結核及び伝染性皮膚疾患に関する診断書が必要である。
   4 .
理容師免許を受けた後に氏名が変わった場合は、30日以内に理容師名簿の訂正を申請しなければならない。
( 第34回 理容師国家試験 関係法規・制度 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
4
評価しない
(1)理容師試験に合格した者は厚生労働省の理容師名簿に登録をして厚生労働大臣に理容師免許証を交付してもらわないといけません。
試験に合格しただけでは業務はできません。

(2)(1)と同じです。
管理理容師は理容所を衛生的に管理することが務めなので、間違いです。

(3)理容師免許交付ができない場合がいくつかあります。
そのうちの1つが。心身の障害により理容師の業務を適正に行うことが出来ない場合です。
このため、精神機能の障害の有無を記載した医師の診断書だけ提出します。
結核や伝染病になった場合は。決められた期間業務停止になります。

(4)本籍または氏名が変わった場合は30日以内に手続きを行うこととされています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は 4 です。

1.2:理容師試験に合格後、「理容師美容師研修センター」に新規免許申請手続きをし、理容師名簿に登録をされなければ業を行うことはできません。
3:理容師免許申請の際の添付書類として必要なのは、「精神機能の障害の有無」を記載した医師の診断書 です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。