過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師の過去問「第24914問」を出題

問題

[ 設定等 ]
副交感神経が優位になったときに起こる現象は、次のうちどれか。
   1 .
瞳孔の散大
   2 .
心拍数の減少
   3 .
消化機能の抑制
   4 .
皮膚血管の収縮
( 第34回 理容師国家試験 人体の構造及び機能 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
3
評価しない
副交感神経には、睡眠中やリラックスしている時に、ストレスが溜まった身体や疲れた身体を修復しようとする役割があります。

副交感神経が優位に働くと、

(1)瞳孔の収縮

(2)心拍数の減少

(3)消化機能の亢進

(4)皮膚血管の拡張(基本的に血管は交感神経に支配されています)

などの現象がみられます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は 2 です。

1.3.4は交感神経が優位になった場合に起こる現象です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。