過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師の過去問「第24923問」を出題

問題

[ 設定等 ]
電気と電気機器に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
   1 .
水道水は絶縁体であるから、濡れた手で電気機器のプラグを抜き差ししても感電の危険はない。
   2 .
ヘアアイロンのコードは熱くならずにロッドが熱くなるのは、ロッド部分の電気抵抗がコード部分より大きいためである。
   3 .
1kWの電熱器を100Vの電源につないで、毎日2時間ずつ30日使用すると、電力量は40kWhになる。
   4 .
わが国における交流の周波数は全国的に統一されている。
( 第34回 理容師国家試験 理容の物理・化学 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
2
評価しない
(1)は間違いです。
イオンや有機物など、水以外の不純物がまったく含まれていない純水は電気を通しません(絶縁体)。
しかし、水道水にはイオンや不純物が入っているために電気を通しやすくなっており、感電の危険があります。

(2)は正しいです。
ヘアアイロンはジュール熱の作用を利用するものです。
ジュール熱とは、電気抵抗が大きいものに一定の電気を流し、熱を発生させるというものです。
なので、ヘアアイロンのロッド部分が熱くなるのは、コードの部分よりロッド部分の電気抵抗が大きいからです。

(3)は間違いです。
電力量とは電流のする仕事の総量のことです。単位はkwhです。
電力とは電流が単位時間(1時間)にする仕事のことです。単位はkwです。

公式は、
電力=電圧×電流
電力量=電力×時間
となります。

電力(1kw)×時間(2時間×30日間で60時間)で電力量は60kwhになります。

(4)は間違いです。
交流の周波数は、東日本(北海道電力・東北電力・東京電力)が50Hz(ヘルツ)、
西日本(中部電力・北陸電力・関西電力・中国電力・四国電力・九州電力・沖縄電力)が60Hz(ヘルツ)と2種類に分かれています。日本は50Hzと60Hzの併用国です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解は 2 です。

1:水道水は「導電性」があるため、感電の危険性があります。純水は絶縁体ですが、水道水には不純物が含まれているため電気を通します。

3:消費電力量=電力×時間となるので、
  消費電力量は、 1(kW) × 2(h) × 30(日) = 60(kWh) となります。

4:わが国における交流の周波数は東日本が50Hz、西日本が60Hzです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。