過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師の過去問 第33回 皮膚科学 問28

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
皮膚と皮膚付属器官の生理機能に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
   1 .
皮膚で体温調節を積極的に行っているのは、毛細血管と汗腺である。
   2 .
皮膚の表面にある脂肪膜(皮脂膜)は、弱アルカリ性のため細菌や真菌の発育を抑制し死滅させる。
   3 .
皮膚は、表皮の一部に欠損が生じても、基底細胞が保持されていれば瘢痕を残さず再生する。
   4 .
爪は、爪母の一部が侵されると、その部分の爪は変形したり、再生できなくなる。
( 第33回 理容師国家試験 皮膚科学 問28 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

1
正解は 2 です。
正しくは以下の通りです。

皮膚の表面にある脂肪膜( 皮脂膜 )は、「弱酸性」のため細菌や真菌の発育を抑制し死滅させる。
付箋メモを残すことが出来ます。
0

正解は、2です。

皮膚表面の脂肪膜は、汗と皮脂が混ざりあって乳化したもので、弱酸性です。
そのため、細菌の発育を抑えたり、アルカリを中和する働きがあります。

0
正解は2です。

【皮脂膜(脂肪膜、酸膜)】
皮膚表面の汗と皮脂が混じり合ってできた膜で、皮膚の表面に存在します。
弱酸性で細菌や真菌の発育を抑制し死滅させます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この理容師 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。