過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

社会福祉士の過去問 第30回(平成29年度) 人体の構造と機能及び疾病 問2を出題

問題

[ 設定等 ]
人体の各器官に関する次の記述のうち、解剖学的に正常なものを1つ選びなさい。
   1 .
頸椎は12個の骨で構成される。
   2 .
頸動脈は体表から触知できる。
   3 .
大腸は空腸と回腸に分けられる。
   4 .
右肺は2つの肺葉からなる。
   5 .
胃は横隔膜の上にある。
( 社会福祉士試験 第30回(平成29年度) 人体の構造と機能及び疾病 問2 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
96
評価しない
正解は2です。

1.頸椎は7個の骨で構成されます。

2.頸動脈は身体の表面から触って確認することができます。

3.空腸と回腸は小腸の一部です。大腸は盲腸、結腸、直腸に分かれます。

4.右肺は3つの肺葉からなります。2つの肺葉からなっているのは左肺です。

5.胃は横隔膜の下やや左にあります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
37
評価しない
1.人体の頚椎は7個です。

2.頚動脈は体表から触ることができます。

3.大腸は盲腸、結腸、直腸に分けられます。
小腸は十二指腸、空腸、回腸に分けられます。

4.右肺は上葉、中葉、下葉の3つに分けられます。
左肺は上葉と下葉の2つに分けられます。

5.胃は横隔膜の左下にあります。
横隔膜の上にあるのは肺です。
評価後のアイコン
評価する
31
評価しない
正解は2です。

1.頸椎の骨の数は7個。12個あるのは、頚椎の下に存在する「胸椎」です。

2.頸動脈は、大動脈からの血液を脳に流すのに欠かせない、頸部の太い動脈です。体表から触知でき、脈の測定に用いられることがあります。

3.水分などを吸収し、便を作る働きを持つ大腸。大腸は、盲腸・結腸・直腸に分けられます。また、小腸は十二指腸・空腸・回腸に分けられます。

4.左右一対に存在する肺は、それぞれ「肺葉」というブロックに分かれています。左肺は上葉・下葉、右肺は上葉・中葉・下葉から成ります。

5.胃は通常、横隔膜の下に位置しています。横隔膜には食道が通る穴があり、その穴から胃の一部が飛び出してしまう症状を「食道裂孔ヘルニア」といいます。
評価後のアイコン
評価する
15
評価しない
正答【2】

1.誤答 
頸椎は7個の骨で構成されていて、椎間板、椎間関節、靭帯により連結されています。頸椎の働きは頭を支えて、頭部が前後左右に動くようにしていることと、脊髄を脊柱管内で保護しています。

ちなに脊椎の主要な骨格である椎骨は、頸椎7個、胸椎12個、腰椎5個、仙椎5個、尾椎3~5個に分けられています。


2.正答 
頸動脈は体表から触知することができます。
総頚動脈の上半部は、甲状軟骨の外後方に拍動を触れることができます。下半部は胸鎖乳突筋に覆われているので触知することはできません。


3.誤答 
大腸は、盲腸、結腸、直腸に分けられます。
大腸とは、右下腹部の小腸終末部から肛門までの1~1.5m、小腸より太い直系5~8㎝の管状臓器です。盲腸は、袋状の部分で虫垂があります。結腸は、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸に分かれています。直腸はS状結腸から肛門までの約20cmの部分を指します。


4.誤答 
右肺は、右肺は上葉、中葉、下葉の3つに分かれていて左肺よりも少し大きくなっています。一方、左肺は、上葉、下葉の2つに分かれ、心臓が少し左側にある分右肺よりも小さくなっています。
肺は左右に一つずつあり、呼吸から酸素を取り入れ二酸化炭素を排出する役割を担っています。


5.誤答 
胃は胸部と腹部の堺である横隔膜の左下の位置にあり、腹腔の左上部の大部分を占めています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この社会福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。