過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第47022問」を出題

問題

[ 設定等 ]
骨格系及び筋組織に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
   1 .
骨の基本構造は、主部となる骨質、骨質表面を覆う骨膜、骨質内部の骨髄、骨の接合部にある関節軟骨の四組織からなる。
   2 .
関節周囲を包む膜(関節膜)の外側には靱(じん)帯があって骨を連結し、関節部を補強している。
   3 .
筋組織は筋細胞と結合組織からできているのに対して、腱(けん)は結合組織のみでできているため、伸縮性が高い。
   4 .
骨格筋は、横紋筋とも呼ばれ、収縮力が強く、自分の意識どおりに動かすことができる随意筋である。
   5 .
平滑筋は、消化管壁、血管壁、膀胱(ぼうこう)等に分布し、比較的弱い力で持続的に収縮する特徴がある。
( 登録販売者試験 令和元年度 人体の働きと医薬品 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
17
評価しない
腱の伸縮性は低いです。

心臓の筋肉の心筋は、自分の意思で動かすことのできない不随意筋ですが、強い収縮力と持続力をもった横紋筋です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
9
評価しない
解答:3

1.正
骨は、表面を覆う白色の結合組織である骨膜、その内側の骨質、骨質内部の骨髄、骨の接合部にある関節軟骨の4組織からなります。

2. 正
関節周囲を包む関節膜の外側には靱帯があって、骨を連結し、関節部を補強しています。靭帯の主成分はコラーゲンの繊維です。

3. 誤
骨格筋は関節を構成する骨と腱によってつながっています。
腱は強靭ですが、結合組織のみでできているため、伸縮性があまりありません。

4.正
骨格筋は、自分の意識どおりに動かすことができる随意筋です。
骨格筋は運動神経によって支配されており、運動神経から刺激が伝わると収縮します。

5.正
平滑筋は、消化管壁、血管壁、膀胱等の内蔵に分布しており、自分の意思でコントロールできない不随意筋です。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
正答(誤っている選択肢)は、3です。

筋組織は筋細胞と結合組織から出来ているのに対して、腱は結合組織のみで出来ています。
そのため伸縮性は高くありません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。