過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第47036問」を出題

問題

[ 設定等 ]
要指導医薬品に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a  医師等の診療によらなければ一般に治癒が期待できない疾患(例えば、がん、心臓病等)に対する効能効果が認められている。

b  医師等の管理・指導の下で患者が自己注射を行う医薬品は、要指導医薬品として製造販売されている。

c  あらかじめ定められた用量に基づき、適正使用することによって効果を期待するものである。

d  要指導医薬品は、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて指定する。
   1 .
a:誤  b:誤  c:正  d:誤
   2 .
a:正  b:正  c:正  d:誤
   3 .
a:誤  b:誤  c:正  d:正
   4 .
a:正  b:誤  c:誤  d:正
   5 .
a:誤  b:正  c:誤  d:正
( 登録販売者試験 令和元年度 薬事に関する法規と制度 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
10
評価しない
a 要指導医薬品とは、その効能及び効果において人体に対する作用が著しくないもので、スイッチ直後の医薬品です。

b 処方箋が必要なものは医療用医薬品です。

c 正しいです。
適正な使用のために薬剤師による対面での情報提供が必要になります。

d 正しいです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
a. ×
一般用医薬品及び要指導医薬品は、通常、医療機関を受診するほどではない体調の不調や、疾病の初期段階において使用されるものです。
医師等の診療によらなければ一般に治療が期待できない疾患に対する効能効果は、一般用医薬品及び要指導医薬品では認められていません。

b. ×
一般用医薬品及び要指導医薬品は、「薬剤師その他の医薬関係者から提供された情報に基づく需要者の選択により使用されることが目的とされているもの」です。
医師等の管理・指導の下で患者が自己注射や自己採血等を行う医薬品は、医療用医薬品として製造販売等されています。
また、一般用医薬品及び要指導医薬品では、注射等の侵襲性の高い使用方法は用いられていません。

c. ○
一般用医薬品及び要指導医薬品は、あらかじめ定められた用量に基づき、適正使用することによって効果を期待するものです。

d. ○
要指導医薬品は、一定の期間が過ぎ、薬事・食品衛生審議会が認めたものについては、一般用医薬品に分類されます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。