過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第47059問」を出題

問題

[ 設定等 ]
眠気防止薬の主な有効成分として配合されるカフェインに関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a  心筋を興奮させる作用があり、副作用として動悸(き)が現れることがある。

b  カフェインの血中濃度が最高血中濃度の半分に低減するのに要する時間は、通常の成人が約3.5時間であるのに対して、乳児では約80時間と非常に長い。

c  吸収されて循環血液中に移行したカフェインの一部は、血液-胎盤関門を通過して胎児に到達することが知られている。

d  安全使用の観点から留意すべき作用に、胃液の分泌を抑える作用がある。
   1 .
a:正  b:正  c:正  d:正
   2 .
a:正  b:正  c:正  d:誤
   3 .
a:正  b:誤  c:誤  d:正
   4 .
a:誤  b:正  c:誤  d:誤
   5 .
a:誤  b:誤  c:正  d:正
( 登録販売者試験 令和元年度 主な医薬品とその作用 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
15
評価しない
a. ○
カフェインには心筋を興奮させる作用があり、副作用として動悸が現れることがあるため、心臓病のある人では服用を避けることとされています。

b. ○
正しい文章です。
乳児は肝臓が未発達なため、カフェインの代謝にはより多くの時間を必要とします。
そのため、授乳中の女性が大量のカフェインを摂取したり連用したりすると、乳児の体内にカフェインが蓄積して、頻脈や不眠などを引き起こす恐れがあります。

c. ○
正しい文章です。
なお、妊娠中の眠気防止薬の使用が、胎児に影響を及ぼすか否かについては、まだ明らかにされていません。

d. ×
カフェインには、胃液の分泌を促進する作用があるため、副作用として食欲不振、悪心、嘔吐などの胃腸障害を起こすことがあります。
そのため、胃酸過多の人や胃潰瘍のある人では、服用を避けることとされています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
a 正しいです。
眠気防止薬の成分としてのカフェインは、心臓病の人は服用を避ける必要があります。

b 正しいです。
カフェインは乳汁中にも移行するので、乳児に頻脈や不眠を引き起こす可能性があります。

c 正しいです。
血液・胎盤関門を通過して、胎児の心拍数を増加させる可能性があります。

d カフェインは、胃液の分泌を亢進させます。
胃腸障害のおそれがあるので、眠気防止薬にカフェインが含まれるものは、胃酸過多・胃潰瘍の人は服用を避ける必要があります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。