過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第47062問」を出題

問題

[ 設定等 ]
鎮咳(がい)去痰(たん)薬に配合される生薬成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a  カンゾウは、柴朴湯(さいぼくとう)、麦門冬湯(ばくもんどうとう)、五虎湯(ごことう)、麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)、神秘湯(しんぴとう)に構成生薬として含まれる。

b  シャゼンソウは、ユリ科のジャノヒゲの根の膨大部を基原とする生薬で、鎮咳(がい)、去痰(たん)、滋養強壮等の作用を期待して用いられる。

c  セキサンは、バラ科のヤマザクラ又はその他近縁植物の、通例、周皮を除いた樹皮を基原とする生薬で、去痰(たん)作用を期待して用いられる。

d  ナンテンジツは、ヒメハギ科のイトヒメハギの根を基原とする生薬で、去痰(たん)作用を期待して用いられる。
   1 .
a:正  b:誤  c:誤  d:誤
   2 .
a:正  b:正  c:誤  d:正
   3 .
a:正  b:誤  c:正  d:誤
   4 .
a:誤  b:誤  c:正  d:正
   5 .
a:誤  b:正  c:正  d:誤
( 登録販売者試験 令和元年度 主な医薬品とその作用 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
15
評価しない
a. ○
正しい文章です。
カンゾウは、抗炎症成分であるグリチルリチン酸を含む生薬成分で、グリチルリチン酸による抗炎症作用のほか、気道粘膜からの粘液の分泌を促す作用が期待されます。

b. ×
シャゼンソウは、オオバコ科のオオバコの花期の全草を基原とする生薬で、去痰作用を示します。
なお、日本薬局方収載品の煎薬は、せきに用いられます。
問題の文章は、バクモンドウの説明です。

c. ×
セキサンは、ヒガンバナ科のヒガンバナ鱗茎を基原とする生薬で、去痰作用を示します。
問題の文章は、オウヒ(桜皮)の説明です。

d. ×
ナンテンジツは、メギ科のシロミナンテン(シロナンテン)またはナンテンの果実を基原とする生薬で、知覚神経・末梢運動神経に作用して、咳止めに効果があるとされます。
問題の文章は、オンジの説明です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
a 正しいです。
カンゾウは、マメ科のウラルカンゾウまたはグリキルリザ・グラブラの根およびストロンで、ときには周皮を基原とする生薬です。
ステロイドと類似するグリチルリチン酸が含まれていて、抗炎症作用があります。
大量摂取や連用で、偽アルデステロン症のおそれがあります。
むくみのある人や、高齢者、心臓病、腎臓病、高血圧の人は特に注意が必要です。

b シャゼンソウは、オオバコ科のオオバコの花期の全草を基原とする生薬です。
鎮咳去痰薬として用いられ、去痰作用があります。

c セキサンは、ヒガンバナ科のヒガンバナ鱗茎を基原とする生薬です。
鎮咳去痰薬に用いられ、去痰作用があります。
セキサンのエキスは、白色濃厚セキサノールとも呼ばれます。

d ナンテンジツは、メギ科のシロミナンテンまたはナンテンの果実を基原とする生薬です。
鎮咳去痰薬に用いられ、鎮咳作用があります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。