過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第一種 電気工事士「平成27年度(2015年)」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 60%

残り : 50
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 50
クリア
電線の抵抗値に関する記述として、誤っているものは。
 1 . 
周囲温度が上昇すると、電線の抵抗値は小さくなる。
 2 . 
抵抗値は、電線の長さに比例し、導体の断面積に反比例する。
 3 . 
電線の長さと導体の断面積が同じ場合、アルミニウム電線の抵抗値は、軟銅線の抵抗値より大きい。
 4 . 
軟銅線では、電線の長さと断面積が同じであれば、より線も単線も抵抗値はほぼ同じである。
( 第一種 電気工事士試験 平成27年度(2015年) 一般問題 )

この過去問の解説(2件)

評価する
1
評価しない
1 . 周囲温度が上昇すると、電線の抵抗値は小さくなる。

→金属(電線)は周囲の温度が上昇すると、抵抗値が大きくなります。なのでこれが誤っています。

2 . 抵抗値は、電線の長さに比例し、導体の断面積に反比例する。

→導体の抵抗の公式R=ρ×l/A=ρ×l/(πD^2/4)から抵抗値Rは導体の長さl、断面積Aに反比例していると分かります。

3 . 電線の長さと導体の断面積が同じ場合、アルミニウム電線の抵抗値は、軟銅線の抵抗値より大きい。

→アルミニウムの抵抗率ρは、2.75×10^-2。
軟銅線の抵抗率ρは1.72×10^-2と、アルミニウムは軟銅線より抵抗値が大きいと分かります。

4 . 軟銅線では、電線の長さと断面積が同じであれば、より線も単線も抵抗値はほぼ同じである。

→軟銅線では、単線、より線に関わらず、抵抗率や許容電流の値は、電線の長さと断面積が同じであれば、抵抗値は同等のものとなります。
評価後のアイコン
2019/06/16 11:27
ID : zqtpesxbba
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
-1
評価しない
1.周囲の温度で変化するのは、抵抗値ではなく、許容電流の値が変化します。

2.抵抗の大きさを表す公式「R=ρ× l/S」より
長さl が大きいほど抵抗は大きくなり、
断面積S は大きいほど抵抗は小さくなります。

3.アルミニウムの抵抗率ρ は、軟銅線(銅)よりも大きいため、抵抗値が大きくなります。

4.より線と単線は、抵抗率や許容電流の値は、ほぼ同じになります。
評価後のアイコン
2018/12/23 17:03
ID : zwmxpehh
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
この第一種 電気工事士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。