過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第一種電気工事士「平成30年度(2018年)(追加試験分)」の過去問を出題

問題

図のように、磁束密度Bの磁界中に、磁界の方向と直角に置かれた直線状導体(長さL)に電流Iが流れると、その導体に電磁力F=LIBが発生するが、その電磁力の方向を知るために用いられる法則は。
問題文の画像
   1 .
フレミングの右手の法則
   2 .
クーロンの法則
   3 .
フレミングの左手の法則
   4 .
キルヒホッフの法則
( 第一種 電気工事士試験 平成30年度(2018年)(追加試験分) 一般問題 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
6
評価しない
[ 解答 3 ]
[ 解説 ]

今回の問題は、磁界中に電流を流した時の磁界の向き、電流の向き、電磁力の向きに関する法則を尋ねています。
→ よって「3」のフレミングの左手の法則が正解です。

その他の法則は下記の通りです。

「1」:フレミングの右手の法則は、磁界中で導体を動かした時の磁界の向き、電流の向き、電磁力の向きを表す法則です。
「2」:クーロンの法則は、荷電粒子間に働く力に関する法則です。
「4」:キルヒホッフの法則は、第1法則と第2法則があります。
・第1法則は、「接続点に流入すると電流と流出する電流は等しい」
・第2法則は、「閉鎖回路の電圧(起電力)の和と電圧降下の和が等しい」

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
この問題は、導体に働く磁束と電流によって発生する電磁力の方向を示す法則の名称として正しいのはどれか訊いています。

1.フレミングの右手の法則は、導体に磁束(磁界)が働いているとき、導体をある速度で動かした時に発生する起電力の向きを表す為の法則になるので誤りです。

2.クーロンの法則は、二つの電荷や磁荷によって発生する静電力や磁気力の大きさについて求める法則なので誤りです。

3.フレミングの左手の法則は、電流と磁界の方向から電磁力が発生する向きを表す法則なので正しいです。

4.キルヒホッフの法則は、電流についての第一法則と、電圧についての第二法則を指すので誤りです。

よって正解は、3番になります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この第一種電気工事士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。