過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第一種衛生管理者の過去問 令和3年4月公表 関係法令(有害業務に係るもの) 問7

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
屋内作業場において、第二種有機溶剤等を使用して常時洗浄作業を行う場合の措置として、法令上、誤っているものは次のうちどれか。
ただし、有機溶剤中毒予防規則に定める適用除外及び設備の特例はないものとする。
   1 .
作業場所に設けた局所排気装置について、外付け式フードの場合は0.4m/sの制御風速を出し得る能力を有するものにする。
   2 .
有機溶剤等の区分の色分けによる表示を黄色で行う。
   3 .
作業場における空気中の有機溶剤の濃度を、6か月以内ごとに1回、定期に測定し、その測定結果等の記録を3年間保存する。
   4 .
作業に常時従事する労働者に対し、6か月以内ごとに1回、定期に、特別の項目について医師による健康診断を行い、その結果に基づき作成した有機溶剤等健康診断個人票を5年間保存する。
   5 .
作業場所に設けたプッシュプル型換気装置について、原則として、1年以内ごとに1回、定期に、自主検査を行い、その検査の結果等の記録を3年間保存する。
( 第一種 衛生管理者試験 令和3年4月公表 関係法令(有害業務に係るもの) 問7 )

この過去問の解説 (2件)

評価する
60
評価しない

【解説】

 1 .は、「囲い式」フードに関する説明です。

 その他は説明文のとおりです。

 有機溶剤中毒予防規則第16条で定める局所排気装置の性能は、制御風速(m/s)で囲い式フード:0.4、外付け式フード(下方吸引型:0.5、側方吸引型:0.5、上方吸引型:1.0)です。

 なお、吸込み効率は、囲い式>ブース式>外付け式(下方吸引型>側方吸引型>上方吸引型)>レシーバー式の順です。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
32
評価しない

正解は(1) です。


(1) 誤り。

囲い式が0.4m/s 外付け式は上方が1.0m/s 下方・側方が0.5m/sです。


(2)正しい。

呼吸用保護具の吸収缶の色と混乱する内容ですが、今回は区分の色分けです。

有機溶剤は第1種を赤色、第2種を黄色、第3種を青色で行います。


(3)正しいです。3年か5年かでよく間違えますので正しく覚えてください。


(4)正しいです。


(5)正しいです。(3)と同様に頻度と保存期間を正しく覚えてください。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第一種衛生管理者 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。