過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

二級建築士の過去問を「全問」出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 72%

残り : 100
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 100
クリア
建築物とその設計者との組合せとして、最も不適当なものは、次のうちどれか。
 1 . 
聴竹居(1927年)――――――――藤井厚二
 2 . 
旧東京中央郵便局(1931年)―――吉田鉄郎
 3 . 
神奈川県立近代美術館(1951年)―坂倉準三
 4 . 
広島平和記念資料館(1952年)――村野藤吾
 5 . 
東京文化会館(1961年)―――――前川國男
( 二級建築士試験 平成27年(2015年) 学科1(建築計画) )

この過去問の解説(2件)

評価する
0
評価しない
正解は設問4です。

設問1 聴竹居は藤井厚二の作品です。
日本の環境に合わせた住宅の研究成果の一つとなった住宅です。

設問2 旧東京中央郵便局は吉田鉄郎の作品です。
昭和初期のモダニズム建築の一つです。
当時の構造躯体をそのまま保存し、
現在は商業施設となっています。

設問3 神奈川県立近代美術館は板倉準三の作品です。
ル・コルビュジェに師事していたこともあり、
近代建築のピロティに中庭を組み合わせた作品です。

設問4 広島平和記念資料館は丹下健三の作品です。
建築プロポーションにはフィボナッチ数列されています。
村野藤吾はモダニズム建築を代表する建築家の一人です。主な作品には、迎賓館本館(旧赤坂離宮)、横浜市庁舎などがあります。

設問5 東京文化会館は前川國男の作品です。
国立西洋美術館と向き合うように立地し、
本格的なオペラやクラッシク音楽に対応したホールを持っています。
評価後のアイコン
2019/11/02 13:30
ID : xrouuhbr
誤答履歴は保存されていません。
誤答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
-1
評価しない
正解は4です。
広島平和記念資料館は、丹下健三の作品です。
1の聴竹居(ちょうちくきょ)は一般的にはあまり知られていませんが、サントリーウイスキーで有名な京都府の大山崎町にある住宅で、国の重要文化財にも登録されています。
評価後のアイコン
2019/09/12 22:30
ID : wudgxevn
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
この二級建築士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。