過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

二級建築士「平成29年(2017年)」の過去問を出題

問題

日本の歴史的な建築物に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
   1 .
厳島神社社殿(広島県)は、檜皮(ひわだ)葺きの殿堂を回廊で結び、海面に浮かんで見えるように配置した建築物である。
   2 .
東大寺南大門(奈良県)は、大仏様(天竺様)の建築様式であり、鎌倉時代に再建された建築物である。
   3 .
出雲大社本殿(島根県)は、神社本殿の一形式の大社造りであり、平入りの建築物である。
   4 .
鹿苑寺金閣(京都府)は、方形造りの舎利殿で、最上層を禅宗様仏堂風の形式とし、二層を和様仏堂風、一層を住宅風とした建築物である。
   5 .
中尊寺金色堂(岩手県)は、外観が総漆塗りの金箔(ぱく)押しで仕上げられた方三間の仏堂であり、平安時代に建てられた建築物である。
( 二級建築士試験 平成29年(2017年) 学科1(建築計画) )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
0
評価しない
1.記述は正しいです。
厳島神社(広島)は、檜皮葺き切妻両流造の本殿に幣殿、拝殿、祓殿が連なり、これらと客人神社(客神社)の間を曲折した回廊が連絡しています。
宮島の海辺に浮かぶように建設され、海上も礼拝の空間として取り込まれています。

2.記述は正しいです。
東大寺(奈良県)は、奈良時代に東大寺大仏殿(金堂)が完成しましたが、平家の南都焼討によって焼失しました。
東大寺南大門は鎌倉時代に仏教僧・重源によって再建されたものであり、大仏様(天竺様)の代表建築です。

3.記述は誤りです。
出雲大社本殿(島根県)は、日本最古の建築様式の一つである大社造り、切妻造・妻入りの建物です。平入りの建築物ではありません。

4.記述は正しいです。
鹿苑寺金閣(京都府)は、三層の楼閣で住宅風に唐様の影響を取り入れ、最上層は禅宗様仏堂、第二層を和様仏堂風、初層を書院造の住宅風に造られています。
二層、三層の内外を金箔で覆っていることから、通称「金閣寺」と呼ばれています。

5.記述は正しいです。
中尊寺金色堂(岩手県)は、中尊寺にある仏堂で、屋根が宝形造り木瓦葺き、平面が方三間(正面・側面ともに柱間が三間)、総金箔貼りの仏堂です。
平等院鳳凰堂とともに平安時代浄土教建築の代表作とされています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
-1
評価しない
正解は3です。

1-設問の通りです。
  1241年に再建された神社建築の代表例で、浄土思想に基づく住宅風の優美な様式です。

2-設問の通りです。
  肘木を柱に直接さす挿肘木や、柱の固定用として貫が用いられています。

3-出雲大社は大社造りですが、切妻屋根の妻側に入り口がある「妻入り」形式の建築物です。

4-設問の通りです。

5-設問の通りです。
  内部には螺鈿や蒔絵が施されています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この二級建築士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。