過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

二級建築士「令和2年(2020年)」の過去問を出題

問題

日本の歴史的な建築物に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。ただし、(  )内は、所在地を示す。
   1 .
姫路城大天守(兵庫県)は、白漆喰で塗り籠(こ)められた外壁が特徴的な城郭建築最盛期を代表する建築物である。
   2 .
三仏寺投入堂(鳥取県)は、修験の道場として山中に営まれた三仏寺の奥院であり、岩山の崖の窪みに建てられた懸(かけ)造りの建築物である。
   3 .
厳島神社社殿(広島県)は、両流れ造りの屋根をもつ本殿と摂社客(まろうど)神社が主要な社殿で、拝殿、祓殿(はらえどの)、舞台、回廊などで構成された建築物である。
   4 .
旧正宗寺三匝(さんそう)堂(福島県)は、通称さざえ堂と呼ばれ、二重螺旋の連続斜路を有する建築物である。
   5 .
伊勢神宮内宮正殿(三重県)は、神明造りの建築様式であり、全ての柱が礎石の上に立てられている建築物である。
( 二級建築士試験 令和2年(2020年) 学科1(建築計画) 問1 )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
8
評価しない

正解は5です。

各選択肢についての解説は以下のとおりです。

1→設問のとおり正しいです。姫路城大天守は小高い姫山頂上にあり、周囲の平地や城下町を見渡すような平山城です。白鷺城と呼ばれることもあります。

2→設問のとおり正しいです。三仏寺は修験道の道場として険しい三徳山を境内とする寺院です。

投入堂は、三仏寺の奥の院で、断崖に懸造で建てられています。

3→設問のとおり正しいです。厳島神社の本殿は身舎(もや)の前後に庇を付けた両流造の形式です。また、宮島の弥山(みせん)を祀るために島の海浜に設けられています。

4→設問のとおり正しいです。旧正宗寺三匝堂は、通称さざえ堂と呼ばれ、二重螺旋通路で上り下りができ、一方通行で巡ることができます。

5→伊勢神宮は神明造で切妻造、平入りですが、柱は円柱で地表面に礎石がないような掘立て柱で、設問のように礎石の上に建てられている建築物ではありません。

よって、誤りです。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この二級建築士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。