過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

二級建築士「学科1(建築計画)」の過去問をランダムに出題

問題

環境・省エネルギー等に配慮した建築計画・設備計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
   1 .
年間を通じて安定した給湯需要のある建築物に対して、コージェネレーションシステムを採用することは、省エネルギー効果を期待できる。
   2 .
Low‒Eガラスを使用した複層ガラスにおいて、一般に、屋内側よりも屋外側にLow‒Eガラスを用いたほうが、暖房時の断熱性が高い。
   3 .
ライトシェルフは、窓の外側に設ける水平庇により、庇下部の窓面からの日射を遮蔽しつつ、庇上部の窓面から自然光を室内に導く採光手法である。
   4 .
災害時に災害対策室の設置や避難者の受入れが想定される施設については、ライフライン途絶時においても必要な居住環境を確保するため、自然換気についても考慮する必要がある。
   5 .
太陽熱利用のダイレクトゲイン方式とは、窓から入射する日射熱を直接、床や壁に蓄熱し、夜間時に放熱させる方式である。
( 二級建築士試験 令和2年(2020年) 学科1(建築計画) )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
0
評価しない

正解は2です。

各選択肢の解説は以下のとおりです。

1→設問のとおり正しいです。コージェネレーションとは、発電の際の排熱を冷暖房や給湯の熱源として利用し、1つのエネルギー源から電力と熱の2つを同時に取り出し、エネルギーを有効利用するものです。

2→Low-Eガラスはガラスの表面に金属膜コーティングをすることで日射の長波長域の反射率を高めたものです。断熱性を高めるためには室内側にLow-Eガラスを用いた場合であるので、設問の内容は誤りです。

3→設問のとおり正しいです。ライトシェルフは、照明エネルギーや日射遮蔽による冷房負荷を低減できるので省エネルギーに有効です。

4→設問のとおり正しいです。災害時の避難施設等では窓開け換気など、自然換気ができるよう考慮が必要です。

5→設問のとおり正しいです。ダイレクトゲインで室内の床などを蓄熱材とする場合の材料として、コンクリート、レンガ、タイルなどがあります。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この二級建築士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。