過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

二級建築士「学科3(建築構造)」の過去問をランダムに出題

問題

建築材料に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
   1 .
けい酸カルシウム板は、断熱性が高く、不燃材料であることから、防火構造や耐火構造の天井・壁に使用される。
   2 .
パーティクルボードは、耐火性に優れており、壁及び床などの下地材に使用される。
   3 .
せっこうボードは、火災時にはせっこうに含まれる結晶水が分解されるまでの間、温度上昇を防ぐので、耐火性に優れている。
   4 .
ロックウール化粧吸音板は、ロックウールを主原料として板状に成形したもので、吸音性以外にも防火性や断熱性に優れており、天井の仕上材に使用される。
   5 .
ALCパネルは、軽量で耐火性及び断熱性に優れており、外壁や屋根等に使用される。
( 二級建築士試験 令和2年(2020年) 学科3(建築構造) 問75 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
0
評価しない

正解は2です。

各選択肢の解説は以下のとおりです。

1→設問の通り正しいです。けい酸カルシウム板は断熱性が高く不燃材であることから、防火構造や耐火構造の建物の天井や壁、鉄骨造の耐火被覆として使用されています。

2→パーティクルボードとは木材を接着剤で加熱圧縮成形したものです。耐火性に劣るため、設問の内容は誤りです。

3→設問の通り正しいです。石膏ボードとは遮音性や断熱性、防火性に優れていますが、衝撃に弱く給水すると強度が低下する性質があります。

4→設問の通り正しいです。ロックウール化粧吸音板は吸音性の他に防火性や断熱性にも優れています。

5→設問の通り正しいです。ALCは軽量で耐火性や断熱性に優れているため外壁や屋根等に使用されますが、防水性が劣るため外部に使用する場合は防水処理が必要です。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない

正解は2です。

最も不適当なものを選びます。

1. 記述は正しいです。

 けい酸カルシウム板は、断熱性が高く、不燃材料であることから、防火構造や耐火構造の天井・壁に使用されます。

2. 記述は誤りです。

 パーティクルボードは、木片チップを加圧成型した板材です。

 耐衝撃性・耐火性・耐水性に劣ります。

3. 記述は正しいです。

 せっこうボードは、火災時にはせっこうに含まれる結晶水が分解されるまでの間、温度上昇を防ぐので、耐火性に優れています。

4. 記述は正しいです。

 ロックウール化粧吸音板は、ロックウールを主原料として板状に成形したもので、吸音性以外にも防火性や断熱性に優れており、天井の仕上材に使用されます。

5. 記述は正しいです。

 ALCパネルは、軽量で耐火性及び断熱性に優れており、外壁や屋根等に使用されます。
 また、保管方法としては直接地面に接しないようにし、反り、ねじれ、ひび割れなどの損傷が生じないように、まくら材を水平に置き、積み重ねます。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この二級建築士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。