過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 平成28年度下期 配線図 問47

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
図は、鉄骨軽量コンクリート造一部2階建工場の配線図である。
配線図

【注意】
1. 屋内配線の工事は、特記のある場合を除き電灯回路は600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル平形(VVF)を用いたケーブル工事である。
2. 屋内配線等の電線の本数、電線の太さ及び1階工場内の照明等の回路、その他、問いに直接関係のない部分等は省略又は簡略化してある。
3. 漏電遮断器は、定格感度電流30mA、動作時間0.1秒以内のものを使用している。
4. 選択肢(答え)の写真にあるコンセントは、「一般形(JIS C 0303:2000 構内電気設備の配線用図記号)」を使用している。
5. ジョイントボックスを経由する電線は、すべて接続箇所を設けている。
6. 3路スイッチの記号「0」の端子には、電源側又は負荷側の電線を結線する。

⑰で示す部分の地中配線の工事において、使用する物として、不適切なものは。
   1 .
回答選択肢の画像
   2 .
回答選択肢の画像
   3 .
回答選択肢の画像
   4 .
回答選択肢の画像
( 第二種 電気工事士試験 平成28年度下期 配線図 問47 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
22
評価しない
地中内に金属管を埋めるという想像をしただけで錆びると想像できるでしょう。

よって答えは「4」となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
9
評価しない
「4」が正答です。

問題で示す工事はFEP管にCVケーブルを通して地中に埋設する工事です。

1はケーブルを埋設する際に使用するケーブル標識シート
2は防護管として使用するFEP管
3はCVケーブル
4は金属管

以上のことから1~3は使用するので、4の金属管を使用しないことが分かります。
評価後のアイコン
評価する
7
評価しない
地中配線工事に関する問題です。

配線図中の⑰の部分では、地中配線工事を行います。金属電線管は、さびやすいので、地中配線工事には使用することができません。ゆえに、正解は4番となります。

【補足】
1番はケーブル標識、2番はFEP管、3番は架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル(CV)です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。