過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 平成29年度上期 一般問題 問23

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
D種接地工事の施工方法として、不適切なものは。
   1 .
ルームエアコンの接地線として、直径1.6mmの軟銅線を使用した。
   2 .
単相100Vの電動機を水気のある場所に設置し、定格感度電流30mA、動作時間0.1秒の電流作動型漏電遮断器を取り付けたので、接地工事を省略した。
   3 .
低圧電路に地絡を生じた場合に0.5秒以内に自動的に電路を遮断する装置を設置し、接地抵抗値が300Ωであった。
   4 .
移動して使用する電気機械器具の金属製外箱の接地線として、多心キャプタイヤケーブルの断面積0.75mm2の1心を使用した。
( 第二種 電気工事士試験 平成29年度上期 一般問題 問23 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
17
評価しない
接地工事を省略できるのは「水気のある場所以外」に接地工事をした場合だけなので【2】が誤りです。
また漏電遮断器の感度電流15mA以下、動作時間0.1秒以内となっていますのでこれも誤りとなります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
13
評価しない
D種接地工事に関する正誤問題です。

1.正しいです。D種接地工事に用いる接地線の太さは1.6mm以上である必要があります。

2.誤りです。水気のある場所に機器を設置した場合、接地工事を省略することはできません。

3.正しいです。D種接地工事では、0.5秒以内に動作する漏電遮断器を設置した場合、接地抵抗は500Ω以下でよいとされています。

4.正しいです。移動して使用する機器の接地線に、1心の多心キャプタイヤケーブルを用いる場合、断面積は0.75mm^2以上である必要があります。

以上より、2番が正解であるとわかります。
評価後のアイコン
評価する
7
評価しない
「2」が正答です。

接地工事を省略できる条件として、水気のある場所以外の場所に施設する場合で、

定格感度電流が15mA以下で動作時間が0.1秒以下で作動する漏電遮断器を施設する場合に省略が可能です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。