過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 平成29年度下期 一般問題 問23

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
屋内の管灯回路の使用電圧が1000Vを超えるネオン放電灯工事として、不適切なものは。ただし、接触防護措置が施してあるものとする。
   1 .
ネオン変圧器への100V電源回路は、専用回路とし、20A配線用遮断器を設置した。
   2 .
ネオン変圧器の二次側( 管灯回路 )の配線を、点検できる隠ぺい場所に施設した。
   3 .
ネオン変圧器の二次側( 管灯回路 )の配線を、ネオン電線を使用し、がいし引き工事により施設し、電線の支持点間の距離を2mとした。
   4 .
ネオン変圧器の金属製外箱にD種接地工事を施した。
( 第二種 電気工事士試験 平成29年度下期 一般問題 問23 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
33
評価しない
「3」が正答です。

ネオン放電灯工事の管灯回路の配線では、電線の支持点間距離を1m以下としなければなりません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
【3】ネオン変圧器の二次側( 管灯回路 )の配線を、ネオン電線を使用し、がいし引き工事により施設し、電線の支持点間の距離を2mとした。
が不適切な施工となります。

ネオン放電灯工事における電線支持の離隔距離は「1m以下」とされています。
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
[3]が正解です。

使用電圧が1000Vを超える
ネオン放電灯工事の場合
電線の支持点間の距離は
「1m以下」にする必要があります。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。