過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 令和3年度上期 午後 一般問題 問18

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
写真に示す工具の電気工事における用途は。
問題文の画像
   1 .
硬質塩化ビニル電線管の曲げ加工に用いる。
   2 .
金属管(鋼製電線管)の曲げ加工に用いる。
   3 .
合成樹脂製可とう電線管の曲げ加工に用いる。
   4 .
ライティングダクトの曲げ加工に用いる。
( 第二種 電気工事士試験 令和3年度上期 午後 一般問題 問18 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
12
評価しない

正解は1です。

この問題は出題科目「電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具」からの出題です。

この問題では下記の知識を求められています。

<必要知識>

◯電気工事で必要な器具の用途を理解している。

それでは上記の必要知識を使って問題を解いていきます。

教科書には必ず電気工事で必要な器具の写真が掲載されています。
写真にある器具の名称、及びその用途を答える問題は、点を取りやすいため暗記しましょう。

解答1の硬質塩化ビニル電線管の曲げ加工に用いるのは、ガストーチランプです。

よって正解です。

解答2の金属管(鋼製電線管)の曲げ加工に用いるのは、ハイヒッキーやハイベンダーのため不正解です。

解答3の合成樹脂製可とう電線管は、じゃばら状で曲げられるため不正解です。

解答4のライティングダクトは、曲げ加工して使用しないため不正解です。

正解は1になります。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない

正解は、 1 です。

写真の器具は、電気工事において何に使用する物かという問題です。

写真の器具は、「ガストーチランプ」です。

ガスバーナーの事です。樹脂製の配管を熱で曲げる用途で使用します。

選択肢1は「硬質塩化ビニル電線管の曲げ加工に用いる」と記述してありますので

選択肢1が、正解となります。

選択肢2の金属管(鋼製電線管)の曲げ加工に用いる器具は、ベンダーです。

金属管は、バーナーでは曲げる事は出来ません。

選択肢3の合成樹脂製可とう電線管の曲げ加工に用いる器具は、ありません。

「可とう管」とは、複雑に曲げて使用する事を想定した管だからです。

手で簡単に曲げられるものが多いです。

選択肢4のライティングダクトは、曲げて使用する事は出来ません。

よって、正解は、 1 になります。

評価後のアイコン
評価する
0
評価しない

1:○

2:×

3:×

4:×

写真が示す器具はガストーチランプです。

硬質塩化ビニル電線管を加熱し、曲げ加工を行うために用います。

よって、正解は1となります。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。