過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 令和3年度下期 午前 一般問題 問24

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
低圧回路を試験する場合の試験項目と測定器に関する記述として、誤っているものは。
   1 .
導通試験に回路計(テスタ)を使用する。
   2 .
絶縁抵抗測定に絶縁抵抗計を使用する。
   3 .
負荷電流の測定にクランプ形電流計を使用する。
   4 .
電動機の回転速度の測定に検相器を使用する。
( 第二種 電気工事士試験 令和3年度下期 午前 一般問題 問24 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
7
評価しない

正解は、 4 です。

測定器と測定器の使用目的に関する問題です。選択肢ごとに解説いたします。

選択肢1

「導通試験に回路計(テスタ)を使用する。」との記述ですが、正しい記述です。

導通試験は、抵抗計測モードで行います。

導通すると音で知らせてくれる回路計もあります。

選択肢2

「絶縁抵抗測定に絶縁抵抗計を使用する。」との記述ですが、正しい記述です。

絶縁抵抗は、絶縁抵抗計(メガー)で計測します。

選択肢3

「負荷電流の測定にクランプ形電流計を使用する。」との記述ですが、

正しい記述です。クランプ型電流計は、計測方法が容易な為適しています。

選択肢4

「電動機の回転速度の測定に検相器を使用する。」との記述ですが、

誤った記述です。

回転速度を計測するには、回転計(タコメーター)を用います。

問題文の検相器は、三相交流のR相S相T相の順番を計測する物です。

よって、正解は、 4 です。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない

正解は4です。

この問題は出題科目「一般用電気工作物の検査方法」からの出題です。

この問題では下記の知識を求められています。

<必要知識>

◯様々な電気工事で使用する測定器とその測定方法を理解している。

電気工事業法では電気工事を行う営業所ごとに回路計、絶縁抵抗計、接地抵抗計の備え付けが義務付けられています。

・回路計(テスタ)は測定レンジを切り替えることで直流電圧(DC)、交流電圧(AC)、直流電流、抵抗値が測定できるため、各数値を測定することで低圧回路の動作状況が把握できます。

テスタには導通確認のモードがありますが、なくても抵抗値を測定することで導通試験ができます。

・絶縁抵抗計(メガー)は対象の電路が電気設備技術基準に記載の低圧電路の絶縁抵抗値の規格を満たしているか確認するために、電路の絶縁抵抗測定に使用します。

・クランプ計電流計は電線を挟むだけで電流を測定できる測定器です。

低圧回路において、各負荷に規定の電流が流れているか確認するのに便利です。

また検査対象電路が営業中などで停電できず絶縁抵抗が測定できない時は、代わりにクランプ計電流計で漏れ電流を測定し、漏れ電流値が1mA以下なら絶縁されているとみなします。

ただし負荷電流と漏れ電流の測定方法は異なります。

・電動機の回転速度を測定するには回転計を使用します。

検相器は電動機の回転方向の相順が違っていないか調べるために使用します。

相順が違っていると回転制御や変圧器が正常動作しない場合があるためです。

それでは上記の必要知識を使って問題を解いていきます。

解答1は導通試験に回路計(テスタ)を使用するため正解です。

解答2は絶縁抵抗測定に絶縁抵抗計を使用するため正解です。

解答3は負荷電流の測定にクランプ形電流計を使用するため正解です。

解答4は電動機の回転速度の測定に検相器を使用しているため誤っています。

よって正解は4になります。

評価後のアイコン
評価する
0
評価しない

1:○

2:○

3:○

4:×

誤っている選択肢は4です。

電動機の回転速度の測定には回転計を使用します。

その他は全て正しい記述です。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。