過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

クレーン・デリック運転士の過去問 令和3年(2021年)10月 クレーン及びデリックに関する知識 問4

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
クレーンの機械要素に関する記述として、適切なものは次のうちどれか。
   1 .
フランジ形たわみ軸継手は、流体を利用したたわみ軸継手で、二つの軸のずれや傾きの影響を緩和するために用いられる。
   2 .
はすば歯車は、歯が軸につる巻状に斜めに切られており、平歯車より減速比を大きくできるが、動力の伝達にむらが多い。
   3 .
ローラーチェーン軸継手は、たわみ軸継手の一種で、2列のローラーチェーンと2個のスプロケットから成り、ピンの抜き差しで両軸の連結及び分離が簡単にできる。
   4 .
リーマボルトは、ボルト径が穴径よりわずかに小さく、取付け精度は良いが、横方向にせん断力を受けるため、構造部材の継手に用いることはできない。
   5 .
歯車形軸継手は、外筒の内歯車と内筒の外歯車がかみ合う構造で、外歯車にはクラウニングが施してあるため、二つの軸のずれや傾きがあると円滑に動力を伝えることができない。
( クレーン・デリック運転士試験 令和3年(2021年)10月 クレーン及びデリックに関する知識 問4 )

この過去問の解説 (1件)

評価する
8
評価しない

選択肢1は誤りです。

フランジ形たわみ軸継手は、ボルト穴ゴムや皮革などが取り付けられているたわみ軸継手で、二つの軸のずれや傾きの影響を緩和することができます。

選択肢文では、流体を利用したたわみ軸継手となっており、誤りです。

選択肢2は誤りです。

はすば歯車は、歯が軸につる巻状に斜めに切られており、動力の伝達にむらが少ないため、平歯車より減速比を大きくすることができます。

選択肢文では、動力の伝達にむらが多いとなっており、誤りです。

選択肢3は正しいです。

ローラーチェーン軸継手は、2列のローラーチェーンと2個のスプロケットから成り、ピンの抜き差しにより両軸の連結及び分離が可能で、取り扱いが簡単であるという特徴があります。

選択肢4は誤りです。

リーマボルトは、ボルト径が穴径よりわずかに大きく、横方向にせん断力を受けるため大きな力に耐えられるので、構造部材の継手などに用いられています。

選択肢文では、ボルト径が穴径よりわずかに小さくとなっており、誤りです。

選択肢5は誤りです。

歯車形軸継手は、外筒の内歯車と内筒の外歯車がかみ合う構造で、外歯車にはクラウニングが施してあるため、二つの軸のずれや傾きがあっても円滑に動力を伝えることができます

選択肢文では、二つの軸のずれや傾きがあると円滑に動力を伝えることができないとなっており、誤りです。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
このクレーン・デリック運転士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。