過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

二級ボイラー技士の過去問 平成31年4月公表 ボイラーの構造に関する知識 問3

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
炉筒煙管ボイラーについて、誤っているものは次のうちどれか。
   1 .
加圧燃焼方式を採用し、燃焼室熱負荷を高くして燃焼効率を高めたものがある。
   2 .
水管ボイラーに比べ、蒸気使用量の変動による圧力変動が小さい。
   3 .
外だき式ボイラーで、一般に、径の大きい波形炉筒と煙管群を組み合わせてできている。
   4 .
戻り燃焼方式を採用し、燃焼効率を高めたものがある。
   5 .
煙管には、伝熱効果の高いスパイラル管を使用しているものが多い。
( 二級ボイラー技士試験 平成31年4月公表 ボイラーの構造に関する知識 問3 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
34
評価しない
1.正解です。
加圧燃焼方式を採用し、燃焼室熱負荷を高くして燃焼効率を高めたものがあります。

2.正解です。
記載の通りです。

3.誤っています。
炉筒煙管ボイラーは内だき式ボイラーで、一般に、径の大きい波形炉筒と煙管群を組み合わせてできています。

4.正解です。
戻り燃焼方式とは後端の閉じられた炉筒を使用し、燃焼火炎が炉筒後部で反転して燃焼効率を高める燃焼方式のことです。

5.正解です。
煙管には、伝熱効果の高いスパイラル管を使用しているものが多いです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
21
評価しない
炉筒煙管ボイラーは、ボイラー胴中に炉筒と煙管群の両方を設けたボイラーで、一般に径の大きい波形炉筒1本と煙管群を組み合わせてできています。
ですから必然的に外だきではありません。

そのほかの選択肢は正しいので覚えておきましょう。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない

正解は「3」です。

炉筒煙管ボイラーに関する問題です。

1.正しいです。

加圧燃焼方式では,炉内に空気を送り込んで炉内の圧力を高める事で,燃焼効率が高くなります。この際,圧力を高めるために気密構造とする必要があります。

2.正しいです。

水管ボイラーに比べ,保有水量が多いため蒸気使用量の変動に対する圧力変動が小さくなります。しかし,飽和水の漏洩事故においては,保有水量の多さから低圧であっても被害が大きくなる欠点があります。

3.誤りです。(誤:外たきボイラー➡正:内だき式ボイラー

外だきとは燃焼室が炉外にあるものです。炉筒煙管ボイラーには外だきはありません。よって記述は誤りです。

4.正しいです。

戻り燃焼方式とは燃焼ガスをボイラーの端で反転させる方式で,効率よく熱交換ができるため熱効率が向上します。

5.正しいです。

同じスペースで伝熱面積を広くとれるスパイラル管を使用しているものが多いです。伝熱面積が広くなることで熱効率が良くなります。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この二級ボイラー技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。