過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

二級ボイラー技士の過去問 平成31年4月公表 ボイラーの構造に関する知識 問6

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
ボイラーに使用するブルドン管圧力計について、誤っているものは次のうちどれか。
   1 .
ブルドン管は、断面が真円形の管を円弧状に曲げ、その一端を固定し他端を閉じたものである。
   2 .
圧力計は、ブルドン管に圧力が加わり管の円弧が広がると、歯付扇形片が動いて小歯車が回転し、指針が圧力を示す。
   3 .
圧力計と胴又は蒸気ドラムとの間に水を入れたサイホン管などを取り付け、蒸気がブルドン管に直接入らないようにする。
   4 .
圧力計は、原則として、胴又は蒸気ドラムの一番高い位置に取り付ける。
   5 .
圧力計のコックは、ハンドルが管軸と同一方向になったときに開くように取り付ける。
( 二級ボイラー技士試験 平成31年4月公表 ボイラーの構造に関する知識 問6 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
15
評価しない
ブルドン管は、断面が楕円(偏平)の管を円弧状に曲げ、その一端を固定し他端を閉じたものです。

そのほかの選択肢は正しいので覚えておきましょう。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
10
評価しない
1.誤っています。
ブルドン管は、断面がへん平な管を円弧状に曲げ、その一端を固定し他端を閉じたものです。

2.正解です。
圧力計はブルドン管に圧力が加わり管の円弧が広がると、歯付扇形片が動いて小歯車が回転し、指針が圧力を示します。

3.正解です。
記載の通りです。

4.正解です。
圧力計は原則として、胴又は蒸気ドラムの一番高い位置に取り付けます。

5.正解です。
記載の通り、圧力計のコックはハンドルが管軸と同一方向になったときに開くように取り付けます。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない

正解は「1」です。

ブルドン管圧力計に関する問題です。

1.誤りです。(誤:断面が真円形➡正:断面が扁平

断面が扁平な管を円弧状に曲げ一端を固定し,他端を閉じて自由に動けるようにしたものです。

2.正しいです。

圧力の大きさに応じて,円弧が広がることで圧力を計測します。

3.正しいです。

熱を持った蒸気を直接入れると,誤差を生じる恐れがあるので,水を入れたサイホン管を通して取付けます。

4.正しいです。

胴又は蒸気ドラムの一番高い位置に取付る事で,ドレン溜まりによる誤差を防止します。

5.正しいです。

コックの向きで,圧力計が使用されているか確認できるようにしておくのが一般的です。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この二級ボイラー技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。