過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

FP3級「2014年9月」の過去問を出題

問題

税理士資格を有しないファイナンシャル・プランナーのAさんは、顧客から税務に関する相談を受けたときは、一般的・抽象的な説明を行うにとどめ、個別・具体的な税額計算などは税理士に委ねている。
 1 . 
正しい
 2 . 
正しくない
( FP3級試験 2014年9月 学科 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
4
評価しない
正解は 1 です。

記述の通りです。税理士資格を有しないファイナンシャル・プランナーは、顧客から税務に関する相談を受けたときは、「 一般的・抽象的な説明 」を行うことは出来ますが、「 個別・具体的な税額計算 」などは行うことが出来ません。したがって、○ が正解です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
1が正解です。

記述の通り、税理士資格を持たないFPは、一般的な税の仕組みなどの説明はできますが、
個別・具体的な税金額の計算などは、税理士の業務となります。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
税理士資格のないファイナンシャルプランナーが税務に関する質問を受けた場合、仮定の事例による返答や一般的な情報提供を行うことができます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
このFP3級 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。