過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

FP3級「2015年5月」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 60%

残り : 80
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 80
クリア

合格者一覧へ
税理士資格を有しないファイナンシャル・プランナーは、有償・無償を問わず、税理士法に規定された税理士業務を行ってはならない。
 1 . 
正しい
 2 . 
正しくない
( FP3級試験 2015年5月 学科 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80

この過去問の解説(3件)

評価する
4
評価しない
税理士法によって定められている税理士の業務内容として、1税務代理 2税務書類の作成 3税務相談の3つがあります。
 1税務代理とは、税務署に対する申告を代行したり、官庁による検査の際に対象の代行として答弁をすることなどです。
 2 税務書類の作成というのは、確定申告など税務署に対する申告の時に作成する申告書を、代理人が自分の判断に基づいて作成することをいいます。会社などの法人内部の経理などがその会社についての書類を作成する場合は会社という法人が自分で作成したものとみなされるので税理士法には抵触しませんが、社外の税理士以外の人間が作成をしてしまった場合には違法となります。
 3 税務相談は個別的な税金についての相談に乗ってしまった場合に違法となるものです。ですが、一般的な税制の仕組みについて解説する行為は違法にはなりません。
 以上3つの業務が税理士の独占業務となります。本問においての正答である有償・無償を問わず税理士業務を行ってはならないと規定されている条文は、税理士法52条にあります。それによると、「税理士又は税理士法人でない者は、この法律に別段の定めがある場合を除くほか、税理士業務を行つてはならない」とあります。これは前述した税理士業務を「行ってはならない」つまりやってはいけないと言っている条文です。有償・無償なんて区別はされていません。やってはいけないのです。医師免許を持たない者は有償無償関わりなく医療行為をしてはいけないのは周知の事と思います。それと同様に税理士以外の者は税理士業務を行った場合には違法となり罰則が科せられます。

評価後のアイコン
2016/10/20 03:21
ID : wtjuqmftkj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解は 1 です。

税理士資格を有しないファイナンシャル・プランナーは、有償・無償を問わず、税理士法に規定された税理士業務を行ってはなりません。よって、○ が正解です。

税理士法に規定された税理士業務は主に
  ① 税務代理行為
  ② 税務書類の作成
  ③ 税務相談    です。
評価後のアイコン
2015/09/08 20:09
ID : ukonwknvg
評価する
1
評価しない
税理士資格を有しないFPが税理士業務を行う事は、有償か無償かにかかわらず、税理士法に抵触するので、禁止事項となります。
よって、解答は1となります。
評価後のアイコン
2015/07/19 17:55
ID : nuuofzja
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
このFP3級 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。