過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

FP3級「2015年9月」の過去問を出題

問題

弁護士資格を有しないファイナンシャル・プランナーは、業として、報酬を得る目的により、顧客を代理して顧客の遺産分割調停手続を行うことができない。
   1 .
正しい
   2 .
正しくない
( FP3級試験 2015年9月 学科 )

この過去問の解説 (4件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
1
評価しない
正しい。
弁護士資格を有しない者が、報酬を得る目的で、法律事件を取り扱う業務を行うことは禁止されている。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
解答:1

1.弁護士の資格を有していないファイナンシャルプランナーは、有償・無償を問わず、相談を含む個別具体的な法律事務全般を行うことはできません。
 よって、顧客を代理して顧客の遺産分割調停手続を行うことはできません。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は1です。
弁護士でないFPは個別具体的な法律相談や法律事務を行うことはできません。
しかし法律の一般的な解説は行うことができます。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正しいです。
FPは幅広い知識が必要とされますが、有償無償にかかわらず、各種の資格がないとできないことがあります。
税務相談や税務書類の作成(税理士法)、個別の法律相談(弁護士法)、保険の勧誘や募集(保険業法)は資格がないとできないことです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
このFP3級 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。