過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

FP3級「2016年9月」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 60%

残り : 80
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 80
クリア

合格者一覧へ
弁護士資格を有しないファイナンシャル・プランナーが、将来の財産管理について相談を受けた顧客本人の求めに応じ、その顧客の任意後見受任者となることは、弁護士法に抵触する。
 1 . 
正しい
 2 . 
正しくない
( FP3級試験 2016年9月 学科 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80

この過去問の解説(3件)

評価する
1
評価しない
2.正しくない

弁護士法により、法律の問題に関して弁護士以外の者が業として行うことは禁じられていますが、任意後見受任者になることは弁護士法に抵触しません。
評価後のアイコン
2018/05/13 09:40
ID : fgwepaykuo
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は2です。

任意後見の受任者となるためには、弁護士以外にも、司法書士や公証人等一定の要件を満たした者であれば、なることができます。
評価後のアイコン
2018/04/06 16:36
ID : ttjnbgtv
評価する
0
評価しない
正解は2です。
任意後見については、本人と信頼できる人との間で交わすものであり
弁護士でないといけないという規定はありません。
評価後のアイコン
2018/01/28 22:57
ID : omcnddkps
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
このFP3級 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。