過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

FP3級「2020年9月」の過去問を出題

問題

税理士資格を有しないファイナンシャル・プランナーが、顧客のために反復継続して確定申告書を作成しても、その行為が無償であれば税理士法に抵触しない。
   1 .
   2 .
不適
( FP3級試験 2020年9月 学科 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
3
評価しない
ファイナンシャル・プランナーは、単独で顧客の確定申告書を作成することはできません。これは、有償、無償を問いません。

よって、正解は「2」です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない

正解:2

ファイナンシャルプランナーはその資格自体を持つことで独占して業務を行えるわけではありません。

ファイナンシャルプランナーは相談者に対して家計の全般的なアドバイスを行うことが業務になります。具体的には、日本の税金の仕組み、経済状況、加入している保険、今支払っている税金がどれくらいになるのか、投資、節約方法、貯蓄方法など、家計でお金に関わるすべての分野について、その知識を使って説明し、相談者の現状を把握し、問題解決をする役割になります。

そのため、一般的な説明を行うことは法律には違反しません。逆に、各種の専門資格がなく、ファイナンシャルプランを行った場合、法律に違反することになります。

確定申告書の作成は、本人、若しくは税理士の専門になるため、税理士資格を持たないファイナンシャルプランナーが確定申告書の作成を行うことはできません。税理士法第2条②に該当します。

評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は「2」です。

FP業務には、専門資格がなければ行えない業務があります。
税理士資格を持たないファイナンシャル・プランナーは、たとえ無償であっても他人の確定申告書を作成することはできません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このFP3級 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。