過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

FP3級「2021年1月」の過去問を出題

問題

健康保険の被保険者が同一月内に同一の医療機関等で支払った医療費の一部負担金等の額が、その者に係る自己負担限度額を超えた場合、その支払った一部負担金等の全額が、高額療養費として支給される。
   1 .
   2 .
不適
( FP3級試験 2021年1月 学科 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
6
評価しない

「支払った一部負担金等の全額」の部分が誤りです。

高額療養費制度は、医療機関や薬局の窓口で支払う医療費の負担が重くならないように、所得や年齢に応じて定められた自己負担限度額を超えた額が支給されます。

支払った額の全額ではなく、「自己負担限度額を超えた額」なので、不適切です。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない

高額療養費制度は、同一月に医療機関で支払った金額が自己負担限度額を超えた場合、その超過額を申請することで返金を受けることができます。

問題文の「支払った一部負担金等の全額」の部分が不適切です。

よって、正解は「2」です。

評価後のアイコン
評価する
0
評価しない

正解は「2」です。

高額療養費制度は、医療を受け、1か月の自己負担額が限度額を超えて高額となった場合、限度額を超えた分の払い戻しを受けられる制度です。

自己負担限度額は所得に応じて決められています。

入院時の食事代や差額ベッド゙代などは対象になりません。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このFP3級 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。