過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

FP3級「2021年5月」の過去問を出題

問題

公的介護保険の第2号被保険者は、要介護状態または要支援状態となった原因を問わず、保険給付を受けることができる。
   1 .
   2 .
不適
( FP3級試験 2021年5月 学科 問1 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
6
評価しない

介護保険の2号被保険者は特定疾病と診断されないと保険給付を受けられないため、問題文は誤りです。

介護保険の被保険者は、65歳以上の1号被保険者と40歳以上65歳未満の2号被保険者に分かれます。


1号被保険者(65歳以上)は、

保険料は原則年金から天引きされ、

保険料率は市町村ごとに異なります。

被保険者証は、全員に交付されます。

要介護者、要支援者が受給を受けることができ、その原因は問われません。


2号被保険者(40歳以上65歳未満)は、

保険料は加入する医療保険によって異なり、医療保険の保険料と合わせて納付します。

被保険者証は、介護認定を受けた場合のみ交付されます。

要介護者、要支援者が受給を受けることができ、その原因は特定疾病に限られます。



評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない

不適切です。

公的介護保険は、家族の負担を軽減し、介護を社会全体で支えることを目的に創設されました。

病気や高齢により介護が必要となった場合に給付(サービス)を受けられる制度です。

40歳以上の人は、原則として全員が介護保険に加入します。

公的介護保険の保険者は市町村及び特別区(東京23区)です。

介護保険の被保険者は、年齢によって「第1号被保険者」と「第2号被保険者」に分かれます。

第1号被保険者:65歳以上の人

第2号被保険者:40歳以上65歳未満の医療保険加入者

第1号被保険者は、介護や支援が必要になった場合、理由を問わず給付を受けることができますが、第2号被保険者は、末期がんや関節リウマチ等、加齢による「特定疾病」によって介護が必要になった場合のみ給付を受けることができます。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このFP3級 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。