過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

FP3級の過去問を「全問」ランダムに出題

問題

<設例>

航平さんの年金加入歴は下記のとおりである。仮に、航平さんが現時点(42歳)で死亡した場合、航平さんの死亡時点において妻の優子さんに支給される公的年金の遺族給付に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、航平さんは、入社時(24歳)から死亡時まで厚生年金保険に加入しているものとし、遺族給付における生計維持要件は満たされているものとする。
問題文の画像
   1 .
遺族基礎年金と遺族厚生年金が支給される。
   2 .
遺族厚生年金が支給され中高齢寡婦加算額が加算される。
   3 .
寡婦年金と遺族厚生年金が支給される。
( FP3級試験 2022年1月 実技 問80 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料) が必要です。
評価する
0
評価しない

ライフプランニングと資金計画分野から遺族給付についての出題で、正解は1です。

1は「適切」です。

国民年金保険や厚生年金保険の被保険者が死亡した場合、一定の遺族に対して、遺族基礎年金や遺族厚生年金が支給されます。

遺族基礎年金は、国民年金保険の被保険者に生計を維持されていた未婚の子供(18歳到達年度末までの子供など)や子供のいる配偶者に対して支給されます。

また、遺族厚生年金は、厚生年金保険の被保険者に生計を維持されていた配偶者および子供、父母、孫、祖父母に対してその順で支給されます。

2は不適切です。

中高齢寡婦加算額は、夫の死亡時に40歳以上で子供のいない妻などに対して、遺族厚生年金に加算されるものです。

3は不適切です。

寡婦年金は、子供のいない妻に対して、60歳から老齢基礎年金の支給開始年齢まで支給されるものです。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない

正解は1です。

  1. 1. 遺族基礎年金は国民年金の被保険者に生計を維持されていた子、または子のある配偶者に支給されます。遺族厚生年金は厚生年金保険の被保険者に維持されていた配偶者や子などに支給されます。

 よって、どちらも支給されます。

  1. 2. 中高齢寡婦加算は夫の死亡時に40歳以上65歳未満の子のない妻に支給されます。

 よって、支給されません。

  1. 3. 寡婦年金は60歳から65歳までの子のない妻が支給されるものなので、支給されません。

 

よって正解は1です。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
このFP3級 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。