過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

FP3級「2014年5月」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 80問 正解) 全問正解まであと80問
近所で暮らしている秀一さんの父の晴臣さん(67歳)は、最近体調を崩し、入院して治療を受けている。秀一さんは、晴臣さんの治療費が高額であった場合のことを考えて、健康保険の高額療養費制度についてFPの大下さんに質問をした。平成26年5月の健康保険適用分の自己負担額が27万円(総医療費90万円)であった場合、高額療養費制度により晴臣さんに払い戻される金額として、正しいものはどれか。なお、晴臣さんは、全国健康保険協会管掌健康保険の被保険者で、所得区分は「一般」である。
<設例>

問題文の画像
 1 . 
116,000円
 2 . 
183,570円
 3 . 
189,870円
( FP3級試験 2014年5月 実技 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(3件)

評価する
4
評価しない
正解は 2 です。

まずは、<70歳未満の者:医療費の自己負担限度額(1ヵ月当たり)>にある計算式を使って、晴臣さんの1ヵ月当たりの医療費の自己負担限度額を算出します。問題文中に『 晴臣さんの所得区分は「 一般 」である。』とありますので、所得区分「 一般 」のところにある、

 80,100円 +( 総医療費 - 267,000円 )× 1% の式を使います。問題文中に、平成26年5月の総医療費は「 90万円 」とありますので、

 80,100円 +( 900,000円 - 267,000 )× 1% = 86,430円  が自己負担限度額となります。

晴臣さんは、平成26年5月に「 27万円 」の自己負担があり、限度額を超えているため、高額療養費制度により晴臣さんに超えた分が払い戻されます。払い戻し金額は、

270,000円 - 86,430円 = 183,570円 です。
評価後のアイコン
2015/08/23 16:34
ID : ukonwknvg
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
高額療養費制度についてです。

サラリーマン等の会社員が加入する健康保険では、70歳未満の場合、医療費の自己負担は原則3割負担です。
しかし、自己負担額には上限があり、自己負担限度額を超えた分については、高額療養費として払い戻されることになります。

問題文中に所得区分は「一般」とあるので、表から一般の項目を選択し、計算します。

総医療費90万円
自己負担額27万円

自己負担限度額=
80100円+(900000円-267000円)×1%
=80100円+6330円=86,430円
高額療養費=
自己負担270000円-限度額86430円=183570円

正解は2.
183,570円
評価後のアイコン
2016/04/03 23:15
ID : gdymufpao
評価する
0
評価しない
正解【2】

高額療養費制度による「払い戻される額」を求める問題です。2段階で算出します。

1:自己負担限度額を算出
「一般」の計算式を使用します。計算の際は「総医療費」ですので27万円ではなく、90万円という数字を使用します。

80,100円+(90万円-267,000円)×1%=86,430円

2:実際に支払った額から限度額を引く
限度額は86,430円ですので、超過額が払い戻されることとなります。
そのため27万円(支払額)-86,430円=183,570円が払い戻される額となります。
評価後のアイコン
2016/03/31 14:03
ID : pmgmfjtpp
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
このFP3級 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。