ファイナンシャル・プランニング技能検定 3級の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

FP3級 2015年5月の過去問 ランダム出題

問題

1周目(0 / 80問 正解) 全問正解まであと80問
千代さんは、仮に慶太さんが不慮の事故等で急死した場合、自分と子どもが生活していけるか不安に思い、FPの松岡さんに相談をした。松岡さんの公的年金の遺族年金に関する次の説明の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる語句または記述の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。なお、生計維持等の記載のない要件は満たされているものとし、子は障害者でないものとする。また、本問においては、厚生年金保険を「厚生年金」とする。

「公的年金の遺族年金には、遺族基礎年金と遺族厚生年金があります。遺族基礎年金は、国民年金の被保険者などが死亡したとき、( ア )または子に支給されます。対象とされる子は、( イ )までの間にある子です。遺族厚生年金は、厚生年金の被保険者などが死亡したとき、配偶者や子などに支給されます。遺族厚生年金の額は、死亡した人の厚生年金の被保険者期間の月数やその間の給与額( ウ )。」
<設例>

 1 . 
(ア)子のある配偶者   (イ)18歳到達年度の末日   (ウ)に応じて計算されます
 2 . 
(ア)子のある妻   (イ)18歳到達年度の末日   (ウ)にかかわらず定額とされています
 3 . 
(ア)子のある妻   (イ)22歳到達年度の末日   (ウ)に応じて計算されます

このFP3級 過去問の解説(3件)

解説表示前マスク画像
付箋メモを残すことが出来ます。
解説表示前マスク画像
解説表示前マスク画像
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
このFP3級 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。