過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

FP3級「2015年9月」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 80問 正解) 全問正解まであと80問
康介さんは、定年後、勤務先の再雇用制度を利用して株式会社RKに勤務し、65歳になるまで厚生年金保険に加入する予定である。直子さんは現在、専業主婦で国民年金の第3号被保険者であるが、康介さんの再雇用制度による勤務開始後、直子さんが60歳になるまでの国民年金の被保険者に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
問題文の画像
 1 . 
国民年金の第3号被保険者ではなくなり第1号被保険者とされる。
 2 . 
国民年金の第3号被保険者ではなくなり第2号被保険者とされる。
 3 . 
国民年金の第3号被保険者のままである。
( FP3級試験 2015年9月 実技 )

この過去問の解説(3件)

評価する
2
評価しない
正解は3です。
定年後に再雇用制度を利用しても、厚生年金保険に加入していれば、配偶者は第3号被保険者です。

65歳になるまで厚生年金保険に加入する予定で、康介さんは現在57歳なので、8年後までは同じ厚生年金保険加入者です。
直子さんが60歳になるまでは6年間あり、康介さんが厚生年金保険に加入していれば、第3号被保険者になります。
評価後のアイコン
2018/03/24 13:06
ID : pybasxdcvt
誤答履歴は保存されていません。
誤答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解は3です。
定年後であっても、康介さんが厚生年金の被保険者である限り
直子さんは3号被保険者を継続することができます。
評価後のアイコン
2017/11/30 21:31
ID : omcnddkps
評価する
0
評価しない
・設問の抜粋
現在、妻が「国民年金の第3号被保険者」ですので、夫は厚生年金(保険)に加入しています。

夫は、現在57歳です。
夫は、65歳になるまで、会社の再雇用制度を利用して、会社に勤務して、厚生年金(保険)に加入する予定です。

夫が厚生年金(保険)に加入している場合、専業主婦である妻は、60歳になるまで「国民年金の第3号被保険者」のままです。

なお、(民間企業などの)厚生年金保険の(強制)適用事業所に、常時「使用されている」70歳未満の従業員は、厚生年金保険の(強制加入)被保険者です。
「使用されている」とは、適用事業所で働いていて、労務の対価として、給料などを受け取っていることです。

ただし、パートの人などが、常時「使用されている」かどうか?は、原則として、労働日数と労働時間が、「いわゆる3/4要件」に該当すれば、厚生年金保険の被保険者となります。







評価後のアイコン
2019/06/03 15:00
ID : bzjqrrxae
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
このFP3級 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。