過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

FP3級「2016年5月」の過去問をランダムに出題

問題

杏奈さんは休業期間に係る社会保険料の免除について理解を深めておきたいと思い、FPの大場さんに質問をした。社会保険料の免除に関する次の説明のうち、最も適切なものはどれか。
問題文の画像
   1 .
「私傷病休業期間中の社会保険料は、所定の要件を満たした場合、被保険者および事業主とも支払いを免除されます。」
   2 .
「介護休業期間中の社会保険料は、所定の要件を満たした場合、被保険者および事業主とも支払いを免除されます。」
   3 .
「育児休業期間中の社会保険料は、所定の要件を満たした場合、被保険者および事業主とも支払いを免除されます。」
( FP3級試験 2016年5月 実技 問80 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料) が必要です。
評価する
9
評価しない
正解は3です。
休業期間中に社会保険料が労使ともに免除になるのは
育児休業のみです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
正解は3です。

私傷病休業期間中、介護休業期間中は社会保険料の負担は発生します。
申し出が必要になりますが、育児休業期間中は被保険者、事業主の両方の支払いが免除されます。
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
正解は3です。
私傷病休業(プライベート時における病気やケガの休業)や介護休業期間中は事業主・被保険者ともに社会保険料の負担は発生します。

産前産後休業・育児休業中の社会保険料は、事業主が申し出ることにより、被保険者・事業主ともに負担が免除されます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
このFP3級 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。