過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

FP3級「2018年9月」の過去問をランダムに出題

問題

<設例>

勇也さんの公的年金加入歴は下記のとおりである。仮に、勇也さんが現時点( 46歳 )で死亡した場合、勇也さんの死亡時点において妻の弥生さんに支給される公的年金の遺族給付に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、勇也さんは、入社時( 22歳 )から死亡時まで厚生年金保険に加入しているものとし、遺族給付における生計維持要件は満たされているものとする。
問題文の画像
   1 .
遺族厚生年金のみが支給される。
   2 .
遺族基礎年金および遺族厚生年金が支給される。
   3 .
死亡一時金および遺族厚生年金が支給される。
( FP3級試験 2018年9月 実技 問80 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
3
評価しない
・設問の抜粋
夫は現在46歳、国民年金保険と厚生年金保険に加入しています。
妻は現在42歳です。
子は現在17歳ですので、「年金上の子」です。

遺族基礎年金を受給することができる遺族は、
「子のある妻」
または
子(亡くなった人と生計維持関係にあった子)です。

遺族厚生年金を受給することができる遺族
(生計維持されていた遺族)には、
優先順位があります。
・配偶者(子のある配偶者でも可、配偶者が夫の場合は、妻の死亡当時55歳以上)
・子(法律上の子、原則として18歳以下)
・死亡当時55歳以上の父母(受給できるのは60歳から)
・孫(原則として18歳以下)
・死亡当時55歳以上の祖父母(受給できるのは60歳から)
です。

仮に、現時点で夫が死亡したとき、
妻の弥生さんは「子のある妻」であり、
子のある配偶者ですので、
「遺族基礎年金と遺族厚生年金を、
受給することができます。」






評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は2です。

設例から、17歳の子どもがいることがわかりますので
遺族基礎年金の要件である「子。または子のある妻」に該当します。
また、夫が厚生年金加入ですので、遺族厚生年金も受給することができます。
従って、遺族基礎年金、遺族厚生年金を受け取ることになります。

評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
遺族基礎年金は、死亡した者によって生計を維持されていた「子がある配偶者」または「子」に支給されます。この場合の「子」は、原則として18歳到達年度末までの未婚の子である必要があります。

設例より勇也さんには17歳の子(長女の真理恵さん)がいることが分かります。よって、妻の弥生さんに遺族基礎年金が支給されます。

また、勇也さんは厚生年金保険に加入しているため、弥生さんは遺族厚生年金も受給することができます。

以上より、弥生さんは遺族基礎年金と遺族厚生年金の双方を受給することができるため、正解は2です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
このFP3級 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。